2月と言えば、バレンタインの季節であり、チョコレートが特に売れる季節と言えます。
最近はチョコレート以外のものを贈る場合もあるようですが、それでもやはり主役はチョコレートになるでしょう。

このチョコレートというのは、当然バレンタインの季節が近づいてくるとよく売れるものです。
したがって、多くのメーカーはチョコレートを多く製造し、全国の小売店で販売してもらうということをするでしょう。
バレンタイン仕様の特別なものを作ったりするということもあると言えます。

しかし、いくらチョコレートがたくさん売れる時期だからといって、作ったものが全部売れるわけではないです。
これは小売店が独自に作っているようなケースも含みますし、結局バレンタインと言えども在庫は生まれてしまうのです。

しかし、チョコレートというのはバレンタイン以外は全く売れないという状態ではないので、それ以外の時期でも買う人は多くいるのです。
つまり、チョコレートは在庫をさばく機会がバレンタイン以外でもあるということで、こういったところはチョコレートの強みと言えます。

特定の需要に合わせて作ったもの、または仕入れたものであっても、在庫が生まれたときに別の機会で売ることができるか?という点は商売において重要と言えます。
私は需要に合わせて商品などを考えていきたいとは思っていますが、特定の需要以外でも売る機会が確保できるようにものをできるだけ考えていきたいと思っているのです。