【朝礼】すぐに使えるスピーチ例文を 582件お届け!【3分間】

 

決められたタスクを時間通りにこなせる人と時間がかかる人の差は、経験と、考え方によると思います。 仕事を完了するための優先順位は、業界によって、管理者によって異なるので一概にはいえませんが、単純作業を多くこなして結果が認め…

続きをみる

日韓関係が悪化しているニュースをよく目にするかと思いますが、 日本が韓国に対して取るべき態度はどのようなものであるべきかを、日本と韓国のこれまでの歴史関係を踏まえて考えてみました。 そもそも、日韓関係の悪化の根源は、第二…

続きをみる

腕時計の中で一番資産価値がある腕時計とはなんでしょうか。それはオメガでしょうか。それともセイコーでしょうか。両方とも違います。では、ブレゲ、それともパテックでしょうか。実は腕時計の中で資産価値があるものとはロレックスなの…

続きをみる

コメダコーヒーはコーヒーの味が独特です。 スターバックスやドトールコーヒーとは一味違います。コメダコーヒーのコーヒーは他のコーヒーチェーンと比べるとコーヒーの味に酸味があります。この酸味の強いコーヒーが好きな人はコメダコ…

続きをみる

私は昔お世話になったた古い友人と月に1度は会って飲み会をしています。 そこでの彼は、普段の仕事のストレスからか仕事の不満や上司の愚痴をひたすら語っています。 自分は仕事をしっかりやっているのに、だらしのない上司のせいで自…

続きをみる

2011年の震災の時、組織におけるリーダーの重要性を改めて感じました。 震災全体の7割にも上る瓦礫を抱えた宮城県のリーダーとして、甚大な被害を被った中で組織を混乱させまいと辛くて涙が出そうになっても自分の感情を押し殺し、…

続きをみる

業務中でも、勤務外でも、ストレスを感じたり思うように体が動かない時があります。 その原因の1つとして、睡眠があると考えております。 睡眠は、個人差はあるものの、1日の3分の1を占める大切な役割を果たしております。 睡眠が…

続きをみる

新しい元号になって、早1カ月が過ぎようとしている中、先日、金融庁が「夫65歳以上・妻60歳以上の夫婦のみの世帯が、年金だけで今後30年生活するのに年金のほかに2000万円必要」と発表しました。 2000万というと会社員か…

続きをみる

「どうしてこの仕事引き受けちゃったんだろう」と後悔した経験はありませんか。 ビジネスシーンにおいて誰かに頼ってもらえるというのは、本来ありがたいことです。 とはいえ、後先考えず請け負うばかりでは、いつまで経っても余計な仕…

続きをみる

褒めるとき、ついためらってしまうことはありませんか。 家庭にせよ職場にせよ、相手が子どもであれ部下であれ、褒めるというのは案外難しいものです。 下手をすればせっかく芽生え始めていた相手のやる気を削ぐかもしれませんし、時に…

続きをみる

最近、あらゆる場面で情報がたくさんあるなかで、何が真実か、何が自分にとって必要なものなのかを見極めるのに、迷うことがあります。 世間では常識となっているものが、本当に自分にあてはまるものなのか、考えさせられることが多々あ…

続きをみる

仕事をしている際、様々なプロジェクトを任されることがありますよね。自分のスキルで達成できるのか不安になってしまうケースも多々あると思います。 そういうとき、こんな言葉を使っていたりしませんか。 「役不足かもしれませんが、…

続きをみる

皆さんはトマトがお好きですか。実はトマトは優れた植物なのです。 トマトに含まれているリコピンは抗酸化物質でがんや老化防止、また、美白効果もあると言われているし、旨味成分であるグルタミン酸も豊富で、他にも多数の栄養要素があ…

続きをみる

おはようございます。 昨今のブームに乗っかって、我が家でも断捨離を決行しました。 今の自宅に棲み始めて早3年。 日常でる生ゴミ等は毎週片付けるものの、その他の物については手が回らず、気も回らず、徐々に増えるがままになって…

続きをみる

おはようございます。 最近、知り合いから面白い事を聞きました。 マーフィーの法則というやつです。 アメリカ空軍の実験が由来のようです。 本などにもまとめられてり、ユーモラスなジョークとして広く親しまれているようです。 幾…

続きをみる

「上善如水」という言葉があります。古代中国の哲学者・老子の言葉で、最上の善は水の如しと読みます。 最上の善とは争いのない生き方だそうで、出世や金儲け、権力や名声の為に争う事の愚かしさを説いています。 水は高みから流れ下り…

続きをみる

65歳未満で発症する認知症を、「若年性認知症」と言います。 若年性認知症の方は、社会的役割が大きい世代であり、認知症になって職を失うと経済的問題が大きくなります。 また、配偶者が家庭内の多くの役割と介護を担うことが多く、…

続きをみる

一般的に超高齢社会とは、総人口に占める65歳以上の人の割合(高齢化率)が21%を超えた社会のことを言います。 日本は2007年にすでに移行しており、現在ではさらに高齢化の進んだ社会となっています。 2025年には75歳以…

続きをみる

安全第一、安全が一番と言われていますが、正直、我々日本人は安全がなんなのか分からないのではないのかと最近感じます。 なぜ、分からないと感じるのか、それは日本が安全な国家だからです。 以前、私は海外から来た人と話す機会があ…

続きをみる

先日、乳幼児の怪我についてのお話を聞きに行く機会がありました。 子どもというのは、大人が予想もしていない動きをしますし、動けないと思っている赤ちゃんがある日突然寝返りができるようになっていたりで、親としては嬉しい反面、安…

続きをみる

仕事をしているとなかなか体を動かす機会が減ってくる、もしくは全く動かさない、という人もいると思います。 まずい!と感じている人ほどいきなり走り込みをしたり過度な筋トレをしたり、危険な運動方法を行いがちです。 テレビでもウ…

続きをみる

仕事でも何でも、安全第一に考えて無理をしないという人もいます。それとは反対にあえて危険を承知で何事かに挑む人もいます。どちらを選ぶにせよ。そこに内包する危機がそれを行う前から分かっていたら、それはもうすでにリスクではない…

続きをみる

安全、安全と口では安全という言葉をよく使うにもかかわらず、多くの人は安全とは何かと聞かれると多くの場合は危険ではない状態とか辞書的な意味を答えます。しかし、それでは言葉の意味は確かになんとなく分かったつもりになることはで…

続きをみる

会社にとって、社員の皆さんが安全で、安心して働いていただくことが重要です。 皆さんが安全に働くには、一人ひとりの安全が必要不可欠です。「1人くらい」などと考えてはいけません。 例えばの話ですが、仕事中に何らかの事故により…

続きをみる

今日、朝あいさつを交わした同僚は何人いますか?その同僚の中で鼻毛出てる同僚はいませんでしたか? ひげの剃り残しがある同僚はいませんでしたか?朝ごはんで服を汚してる同僚はいませんでしたか? もしかしたら、今の話の中で「自分…

続きをみる

仕事には、何事にも期限のいうものがついて回ります。私たちも毎日、期限を意識して時間に追われています。 一方で、仕事には求められる成果というものがあり、成果の伴わない仕事には意味がありません。時間制約がある中で成果を上げ、…

続きをみる

安全に作業することは、どんな仕事においてもとても重要なことです。現場でのケガや事故についてだけでなく、顧客や業者とのトラブルもある意味では「心の安全」を脅かしますし、安全管理を怠ったがために生まれた小さなミスが、大きな損…

続きをみる

先日の休日、お隣からお母さんと男の子の言い争う声が聞こえてきました。 男の子は何かを外せと要求し、お母さんは危ないから駄目だと反対している様子です。 そっと窓から覗いてみると、お母さんと男の子の間には、補助輪付きの子供用…

続きをみる

事務仕事、重たい荷物の上げ下げなどをし続けていると男女共に誰かしら通る道があるのをご存知ですか? 知ってる方などいらしたら手を上げて欲しいです。 有難うございます、それは腰痛です。 俺は大丈夫!私は大丈夫!とまだまだ若い…

続きをみる

皆さんの日々の睡眠時間はどのくらいでしょうか?日本で働く人間のほとんどが、6〜7時間と答えており、全体のおよそ6割の社会人と言われています。 さて、この6〜7時間というのは適正な睡眠時間なのでしょうか? それでは、世界規…

続きをみる

日本ではひと昔かふた昔まできれいな水と安全はただだと思われた非常に恵まれた時代がありました。しかし、現在ではきれいな水がペットボトルに入れられ販売されているのを不思議に思う人がいないのと同様に安全もお金を払うのが当たり前…

続きをみる

 新しい作業を行う際、はじめは慎重に行うので事故やミスなく安全に作業すると思いますが、そのうち、作業に慣れてしまい、ミス等をしてしまったことは、作業に携わる人であれば一度はあると思います。  自分もそうでした。自分の経験…

続きをみる

コピー用紙で手を切ってしまったという経験があります。何気なく手に持っているだけなのに、ほんの少し角度が変わっただけで、びっくりするほど鋭利なものに変わってしまいます。これはちょっとした事故です。 いつも何気ない会話をして…

続きをみる

安全に作業することは、どんな仕事においてもとても重要なことです。現場でのケガや事故についてだけでなく、顧客や業者とのトラブルもある意味では「心の安全」を脅かしますし、安全管理を怠ったがために生まれた小さなミスが、大きな損…

続きをみる

今朝、ここに来る途中、私は女学生さんと曲がり角でぶつかってしまいました。遅刻してしまいそうだったのでしょうか。走り去る彼女を見送ってふとぶつかったあたりに手をやると、私の服には食パンのジャムがついていた・・・。 というの…

続きをみる

よく言いますよね。安心と安全をお届けしますって言葉。 そういう言葉を耳にするたび、どうも説得力がないなって思うんですよね。 なぜかって言うと、どう安心で安全なのかがわからないからです。 そこで僕らがどういうものに対して安…

続きをみる

安全は日常にあふれています。しかし、それは誰かが提供してくれたものです。 例をあげれば水の安全、交通の安全、住宅の安全など、これらは人々の仕事によって提供されているものです。 日々の業務の中で繰り返される安全確認、点検、…

続きをみる

学生時代に教授に聞かれたのが「安全と安心の意味って同じだと思う?」ということでした。当時の私は「ほとんど一緒なのでは?」と答えたのですが、実は似て非なることだと知ったのです。 安全に関しては「自分達が注意をすれば基本的に…

続きをみる

最近、子どもの安全について考えることが多くあります。 小さな子どもは、大人が思ってもいない動きをして怪我をしてしまうことがあります。 大きな怪我をしてから、「あのとき、もっと気を付けていれば」と後悔するのは遅すぎます。 …

続きをみる

我が家では、小さな子どもがいるため、家の中の安全について考えることが多くなってきました。 普段、何気なく使っているところでも、子どもの目線になってみると、転けたときに尖ったものがないか、上からものが落ちてきたときに頭に当…

続きをみる

安全を考えた時、思い浮かぶのは車を運転している時です。 高齢者ドライバーが多くなり、自分がいくら気を付けていても巻き込まれてしまう恐れがあるからです。 どうしたら事故は防げるのか?と考えた時、譲り合う精神が必要になります…

続きをみる

大学受験において確実かつ安全に合格できる受験校のことをすべりとでめという表現を使ってあらわすことがあります。予備校などがやっている模擬試験では志望校判定なるものがあり、上からA、B、C、D、E判定が出ます。それに受験科目…

続きをみる

日本という国は世界から見るとけっして安全な国とはいえません。もちろん、この安全ではないといっても治安が悪いとか、そういう意味の安全ではないということはではなく、日本は大地震が必ずおこるので、それを指して安全ではないといっ…

続きをみる

私は、社会人になるまでは、夜更かしをしたり、朝起きるのが遅かったりしていて、夜型の生活リズムが身についてしまっていました。 そのため、朝起きるのがつらく、寝坊もほとんど毎日してしまっていて、社会人になりかけてからは大変な…

続きをみる

私がこれまでの経験において、好きなことや興味のあることなど、気になり出したらチャレンジするようにしています。 そのなかで、本当に自分に向いているのかを意識して、続けられるものとそうでないものを判断して、身につくものを継続…

続きをみる

最近誰かと一緒に食事をしたでしょうか。 1人暮らしを始めると華族らと食事を共にすることが減り、一人で食事をとることが増えた方もいると思います。 最近は油控えめ、カロリーオフなど健康に配慮した商品がスーパーなどで多く見かけ…

続きをみる

専門家などの詳しい人が言っていたことであれば、正しいことなのではないか?とすぐに信用してしまうような人がいると思います。 それは権威への服従原理という名称がついており、実際に心理分析で用いられている概念なのです。 専門家…

続きをみる

今日は、みなさんもよく知っているメジャーリーガーの大谷翔平選手についてお話させていただきたいと思います。 彼は、二刀流で知られるとても素晴らしいプレイヤーですよね。しかし、ただただ才能だけでここまでの選手になれたのでしょ…

続きをみる

私が歴史上の人物で最も尊敬する人は、諸葛亮孔明です。 彼は、中国で最もスケールが大きい「三国時代」で活躍した、当時の中国最大の知将として活躍しました。 彼は、三国時代にて、主の劉備玄徳に従う名軍師であり、当時、劉備のライ…

続きをみる

6月に入り湿度や気温が上がり、ジメっとした日が続くようになってきました。とはいえ、朝晩はまだ涼しい日もあります。 仕事をする上では、どうしても移動というのは欠かせません。事務職の方でも、絵鵜業の方でもオフィス内、オフィス…

続きをみる

先日、ある商品を買おうと思い買い物に行きました。 ただ、機能やデザインまでは決めていなかったのでお店に着いてから考えようと思っていました。 1軒目のお店で対応してくださった店員さんは、どういったものを探しているのか聞いて…

続きをみる

零戦の開発過程では、発注元である海軍と製作会社の三菱の間で打ち合わせが当然行われます。 その一つが計画説明審議会という会合です。 三菱側設計主任である堀越二郎ももちろんこの会合に出席しています。 この場で堀越は、海軍から…

続きをみる

我が家にはホワイトボードがあります。普通、家庭にあるホワイトボードは家族への伝言だったり、何かのメモを書いたりするところだったりしますから、それほど大きなホワイトボードではないかもしれません。むしろ、「自宅に大きなホワイ…

続きをみる

かつてテレビドラマ化された作品を新たにやり直すことをリバイバルというそうです。音楽などは、オリジナルの作品とはまた違ったよさのあるリバイバルもあります。このようにオリジナルがあって、それをまねることによってオリジナルとは…

続きをみる