毎年1月には成人式が行われ、多くの新成人が式に参加します。
とはいっても、彼らの目的は必ずしも成人式への参加ではないでしょう。

成人式への参加というのは確かに多くが行っているものではありますが、彼らの目的は実はそこではないということが多いのではないでしょうか?
成人式というのはたいてい昔の友達と参加することが多く、中学生のクラスメイトなどと一緒に会場に向かうケースが多いと思います。
逆に一緒に参加する友達がいないようなケースでは、参加を躊躇う、行かないという人が増えるのです。

つまり、成人式というのはかつて仲が良かった友達と再会を果たすいい機会というのが重要であって、式それ自体が魅力に感じているわけではないのです。
そして、女性の参加者であれば、この日のために振袖を用意して、メイクをして、髪型を整えてといった感じで、かなり手間とお金をかけて準備をしているはずです。
彼女らは久しぶりの友達との再会のために、成人式という機会を利用して、ものすごいお金と手間をかけているということが言えます。

成人式というのは一生に一回なので、それだけ気合いを入れて手間やお金をかけていくのでしょう。
そういう意味では、人間が生きていく中で少ないチャンスしかないときには人は夢中になり、お金をかけるようになるのです。

これはビジネスチャンスにもなる瞬間ですし、実際に振袖などを扱う会社はこのタイミングでかなり儲けているということが言えます。
結婚式とかもそうですけど、人生で少ないチャンスがめぐってきたときには人はお金を使うという傾向があるので、私はビジネスチャンスをうかがうにあたってはそういう視点で探っていきたいと思っています。