8月になりましたね。8月といえば、夏休み。社会人になると夏休みなんて遠い昔の話になってしまいますが、
我が家の子どもたちは普段と違う日常にわくわくしているようです。

さて、夏休みといえば、小学校でみなさんもラジオ体操をしませんでしたか?
朝早く、近所の学校や公園にスタンプカードを持って集まりましたよね。役員の保護者の方が家の仕事を一旦おいて、
朝の一番忙しい時間に準備してくださっていたんだなと、頭が下がります。

このラジオ体操、元々はアメリカのメトロポリタン生命保険会社により健康増進・衛生思想の啓蒙を図る目的で考えられ、
広告放送として放送されていた世界初のラジオ体操が基となっているんだそうです。日本での始まりは1928年。今から
90年以上も前のことですね。保険会社が保険の支払額が増えるのを恐れ、なるべく健康に過ごしてもらおうと始めただけあって、
今の医療関係者から見てもよく考えられた体操なんだそうです。

最近はラジオ体操でダイエット!なんて本もあって、ちょっとしたブームになってますが、みなさん、ラジオ体操を正確に
できますか?小学校の時にしたきりで、もう細かい動きは忘れているかもしれませんね。私はこの間、子どもと一緒に
したら、翌日、ではなく翌々日に筋肉痛になりました。

本気でやると、伸ばしたり飛んだりそらしたり、結構ハードです。有酸素運動として優れた効果があり、消費カロリーは
速いペースのウォーキングとほぼ同じなんだそうです。朝からしっかり体を動かすと、体も頭もすっきりしませんか。
朝礼のスピーチが浮かばなければ、みんなでラジオ体操するのも悪くないかもしれませんね。