夏といえば海、祭り、プールなど楽しいイベントが盛りだくさんの季節かと思います。
特に夏はお盆などの長期休暇がありますから、家族でそういった行事に出向く方や、友人や恋人とそういった場所へ出向くこともある時期だと思います。

夏にはお盆といった長期休暇のほかいくつか国民の祝日があります。
その中の一つである「海の日」についてです。
この祝日海に関連しているのなと思い調べたのがきっかけです。

海の日は7月の第3月曜日に設定されている祝日です。
土日休みの方はこの休みと合わせ3連休となりますので、非常にうれしい祝日になると思います。

この休み平成7年に制定されており、海の日という名前なので勘違いしやすいですが海で遊ぼうというような祝日ではないのです。
条文によると海の恩恵に感謝して、海洋国家である日本の繁栄を願うとされています。
日本は島国ですから海に囲われています。
そんな海の恵みに感謝して、国家の繁栄を願い制定されています。

またこの祝日は以前は海の記念日という名前で呼ばれていたのですが、平成7年の法改正によって海の日という今の名前に変更するに至りました。
日本は国そのものが海に囲まれている典型的な海洋国家で海の資源に頼らねば生きていけません。

石油などがわくわけでも広大な農地で食物生産を行っている国でもないので他国よりも海への依存度は高めの傾向にあります。
海への恩恵に今一度感謝するともにこの日を迎えたいと思います。