いよいよ夏本番、熱中症の季節です。
もう熱中症を知らない人はいないでしょうが、熱中症って何なのか、もう一度おさらいしておきましょう。

恒温動物の私たちは体内で常に発熱しています。
そして体を動かしたり、直射日光や火の気などで気温の高い場所にいると体温が上昇します。

そんな時、まず体は血流量を増やして皮膚から熱を体外に放出することで常温を保とうとします。
すると全身に血液が回るので一時的な血液低下が起こる場合があり、
脳の血液不足からめまい・立ちくらみを発症します。
熱失神という症状です。

さらに発汗によって体温低下を図ります。
この時、発汗分の水分を補給しないと、倦怠感・嘔吐・頭痛などを伴う熱疲労が起こります。
また汗には塩分が主成分の電解質が含まれており。発汗で水分と一緒に排出されます。
塩分は筋肉の働きを調節しているので、不足すると足がつるなど筋肉けいれんが起こります。
これが熱けいれんです。

それでも適切に対処しないとますます体温が上がって脳に悪影響を与え、意識障害が始まります。
ここまでくると熱射病という非常に危険な状態です。

熱中症は要するに体にたまる熱と体外に放出される熱とのバランスの問題だと理解しましょう。

そんなことは知っているという方にもう一言。
暑さを感じたり喉の渇きを覚える感覚は、人によって違います。
あまり暑さが苦にならない人もいれば、人より喉の渇きを感じにくい人もいます。
特に高齢になるほどこれらの感覚は鈍くなりがちです。

暑さや喉の渇きを感じたから対処するのではなく、意識して事前に暑さ対策や水分・塩分の補給を行うことが肝要です。