私は卓球の魅力についてお話しします。
卓球の観戦が好きな人はいますかと聞くとあんまりいないイメージがあります。
たぶん野球やサッカーのが見てて楽しいよっていう人が多いと思います。

それは否定しません。
だけど卓球も面白いんだよっていうのを伝えたいのです。

野球やサッカーのいいところは会場が広くいので、見やすくそして臨場感があるということだと思います。
会場が沸き上がるほどの応援団、そしてサッカーなら強烈なシュート、野球なら160キロのストレートが電光掲示板に表示されるなど一目ですごいのがわかりやすいです。

一方卓球はと言いますと、応援団のような激しい声援はなく、卓球台の狭い範囲で打ち合っている臨場感のあまりない姿が続くわけです。
これだとただのネガキャンになってきましたね、ところで卓球の思いっきり台に球を叩きつける打ち方をスマッシュというのですが、あれの体感速度はご存知でしょうか。

台の近くでスマッシュを打って、打たれた側も台のそばにいた場合、男子のスマッシュは体感速度300キロを超えるそうです。
卓球にはカウンターというのがあり、スマッシュされた球をそのまま間近で打ち返して相手コートに返す技があります。

300キロの球を打ち返しているわけです、300キロのストレートを打てる野球のプロはきっといないと思います。
体感速度と実際の球の速度は異なりますが、300キロの球を返すだけの反射神経が求められる競技なのです。

ちょっとすごいと思ったと思います。
次にテレビで卓球の試合を見る時はぜひ体感速度300キロの世界に酔いしれてほしいと思います。