会社内で出世をするといえば、係長・課長・部長と役職を与えられることです。それでは何によってより上位の役職が与えられるのでしょう。
人柄、人気、上役の受け、などなどいろいろ要因はあるでしょうが、やはり一番の要因は業績・功績です。
常に業績を上げ、功績がある人、即ちデキル人間が役職を得てその階段を登って行くのが一般的です。
これに疑問のある人はいますか? 多分、ほとんど全ての人が当然と言うでしょう。

ところが、かの西郷隆盛は「功ある者には禄を与えよ。徳ある者には地位を与えよ」と言っています。
功ある者とはデキル人間で、徳ある者とは人間がデキてる人と言い換えることができます。
つまり西郷さんは、デキル人間にはお金を与えて、人間がデキてる人に役職を与えなさいと言うのです。

デキル人間とは、常に高い売り上げを上げている人、ヒット商品やアイデアで会社の業績をアップさせる人、
新たな市場や顧客を開拓して会社の業績に大きく貢献するなどです。しかしデキル人間イコール人間がデキているとは決してなりません。

よくプロ野球の世界では、名プレイヤーが必ずしも名監督になるわけではない、といいます。
プレイヤーであるなら仕事がデキルだけでよいのですが、監督となるとリーダーとしての素養が不可欠なのです。
その第一は人間がデキていることです。

仕事がデキルからと安易に役職を与えると、その人の人間がデキていなかった時、
部下は付いて行かず他部門とは軋轢を生じ、組織として機能しなくなる可能性が高まります。

幕藩体制という旧組織を潰して、天皇親政の明治政府という新組織を作ろうとした西郷隆盛だからこそ、組織作りにおけるこの真理に辿り着いたのでしょう。