日々さまざまなストレスを抱えるみなさま、ペットセラピーはいかがでしょうか。

現在、さまざまな病院や介護施設で、ペットセラピーが行われています。

専用に鍛えられた動物が訪問し、動物たちと触れ合うことでいやしがあるのです。

中には、意識がフワフワしている人が、ペットセラピーによって意思を示せるようになることもあります。

私たち人間にとって、動物たちのいやしの力というのはそれほど大きなものなのでしょう。

しかし、ペットセラピーが受けたくても、アレルギーがあって受けられないという人もいます。

そういう人には、ロボットペットを派遣することもあるそうです。

AIが進化した今、可愛らしく振舞ってくれるアニマルロボットが存在しています。

そうしたロボットの可愛らしい動きや反応によって癒されるということもあるようです。

私たちは日々、対人関係でさまざまな苦労をします。

だからこそ、時には人間以外の存在に癒されることが必要なのです。

家族や友人という関係においても、ストレスはつきものです。

もしかすると、動物たちにいやされるのは、彼らが言葉を使わないからかもしれません。

言葉によるコミュニケーションに疲れてしまったときは、言葉ではなく、優しさだけで関わってくれる存在と接することが必要だと思います。

病気や介護施設だけではなく、一般の人もペットセラピーを気軽に利用して欲しいです。

まずは、身近なドッグカフェに、家族と行ってみてはいかがでしょうか。