皆さんおはようございます。今日はちょっと「日本人」について話をしたいと思います。

有名なジョークにこんなのがあるのはご存じでしょうか。豪華客船で火災が発生しました。船長はそれぞれの国のお客さんに海へ飛び込むように、こう指示を出しました。

アメリカ人に対して、「海へ飛び込めば、あなたはヒーローですよ。」
イギリス人に対して、「紳士というものは、海に飛び込むものです。」
ドイツ人に対して、「海に飛び込むの事がルールです。」
イタリア人に対して、「海に飛び込めば、あなたモテますよ。」
フランス人に対して、「絶対に海に飛び込まないで下さい。」
そして日本人に対しては、「もう皆さん、海に飛び込んでいますよ。」だそうです。

このような各国の国民性を極端な形で風刺したものを、エスニックジョークと呼ばれています。日本ではあまり馴染みのないジョークですが、欧米諸国ではお互いの特徴を誇張しあって笑い合う文化があります。しかし、時には差別的に捉えられる場合もあるので、一種のブラックジョークとも言えるでしょう。

この手のエスニックジョーク、日本人は勤勉、集団主義、自主性の欠如、お金持ち、テクノロジーといったキャラクターになっています。確かに他の国々と比べたら、このようなイメージが日本人にはあるような気がします。これらが誇張される事でジョークのネタになっているのかと思います。

近年、仕事でもプライベートでも、外国の人を目にしたり、外国語を耳にしするケースも多々あります。今や珍しくはありません。ある時は典型的な日本人を演じ、ある時はそれを外して接する事で信頼や共感を得たいものです。