仕事をしていると、なかなか身体を動かす機会がなく運動不足になりがちです。とくに事務仕事は1日中座って仕事をしているので、運動不足や体重増加、さらには生活習慣病の心配も出てきます。年齢を重ねると筋力も落ち、休日も身体を動かすのがおっくうになってしまってゴロゴロと過ごしてしまって悪循環という生活を送ってい人も多いのではないでしょうか。

ただ、普段から運動し慣れていない人にとっては、運動不足といわれても何をどうしていいかわからないのが正直なところです。そこで、簡単にどのくらいを目安にしたらいいのかがわかるものが、歩数です。1日にどのくらい歩いたのかは、1日にどのくらい身体を動かしたのかの目安になります。最近は、携帯電話に歩数計が入っているものがほとんどですから、簡単に始められるのではないでしょうか。

では、どのくらい歩けばいいのでしょうか。成人男性は9000歩以上、成人女性は8000歩以上という目標が厚生労働省からでているようです。この数字、多いと思うか少ないと思うかは人それぞれですよね。私は休日に買い物をして、掃除をして、洗濯をして、食事を作る以外はのんびり過ごしたなという日だと、だいたい5000歩くらいでした。平日に一日座り仕事ばかりだったなという日は、なんと4000歩程度でした。あと3000~4000歩足りないということになります。

この足りない分を、仕事中や通勤時間、休日の過ごし方に少しずつ工夫して歩数を稼ぐようにできると、運動不足解消に向けての第一歩になるかなと思っています。
買い物はちょっと遠回りして歩くとか、階段を使うとか、1回で済む用事を2回に分けるとか(仕事には支障がでますが)頑張ってみたらいいかと思います。