子供を塾に行かせて勉強をさせても勉強ができないのは塾の教え方が悪いからだと思い、塾を変える親御さんは多くいると思います。そのような方の中には塾がだめならば家庭教師の指導を仰ぐ人もいるようです。

しかし、根本的に考えて真面目に学校で授業を受け、それでいて学校の成績が振るわないというのははっきり申し上げて遺伝のせいで勉強ができないというのが本当の理由のような気がします。ですから、初めからあまり勉強が得意ではない人は無理に勉強をやるのではなく別な才能を伸ばしてやった方がいいのではないか多くの人は考えがちです。

ただし、学校の先生というのは面と向かった親御さんに「あなたのお子さんが勉強ができないのはご両親のせいですね。」などと言ったりしません。それに、たとえ兄弟でも方片方が数学が得意だけれどもう一人は数学がからっきしダメということだってあります。

つまり、学校の勉強程度などたとえ才能がなくともテクニックと膨大な努力さえすれば誰でもある程度のレベルまで到達できるにもかかわらず、指導者たちはそれをする能力がないので、もっぱら生徒の才能のあるなしが成績を左右しているように彼らは考えている節があます。

ただ、、勉強ができない当人にはこのようなことをいくら大人たちが考えても何の意味もありません。なぜならば、勉強ができない当人はどうしたら勉強ができるようになるのかわからないまま常に寒空にしたに立たされたままで、大人たちからは常に「勉強しろ。」と言われ続けるだけだからです。