近年はアウトドアレジャーがブームになっており、それに連れて自然の風景などを写真に撮るカメラの需要が伸びています。
ただ、デジカメでは物足りないですし、デジタル一眼レフカメラでは大きくて持ち運びが大変です。

そこで、注目されているのが、「ミラーレス一眼カメラ」です。
デジカメと同じくらいの大きさで、しかも撮影目的に応じたレンズの交換が可能です。

ミラーレス一眼カメラとはその名の通り、一眼レフカメラの「ミラー構造」の無いカメラのことです。

ミラーというのは鏡のことです。
一眼レフカメラではカメラの中にミラー構造があり、レンズから入った光景がミラーで反射され、ファインダーに映し出されます。
そして、シャッターを押した瞬間にミラーが上がり、ミラーの裏にあるセンサーに光の情報が取込まれて写真ができます。

一方、ミラーの無い一眼カメラでは、センサーで光を電気信号に変えて液晶モニターに再現します。
そのため、デジカメと同じようにのぞき窓のようなファインダーがありません。
ミラー構造が無い分、小型にすることが可能になり、重さも軽くなっています。
価格も一眼レフカメラに比べると数段安いです。

なお、センサーは一眼レフカメラと同じものを使っているため、写真の美しさは変わりません。
また、画像処理エンジンやレンズなど、画質に関わる部分も一眼レフタイプと同等のものが使用されています。

デジカメじゃチャチ過ぎるし、かといって一眼レフカメラほど高級な物は要らない、という人にはミラーレス一眼カメラが最適です。