皆さんおはようございます。今日はテレビの位置づけについて考えてみたいと思います。

皆様もご存知の通り広告に関してはテレビよりインターネットやSNSの方が広告収入が多い時代になりました。それとともにテレビも制作日が少なくなりエンターテイメントとしての役割が少し薄くなっているところが実態です。

しかしながら、私はテレビの役割は今一度見直される時代になってきていると思います。なぜならば速報性の店で考えればインターネットと変わらないのですが、独自の意見を加えてみたり、様々な視点で物事を考えるにあたってはインターネットには間違いなく勝るからです。

良いニュースであっても悪いニュースであっても、様々な視点でコメンテーターが意見を加え、自分自身が意見をまとめるための助けになる事は間違いありません。私自身もこの形ならどうコメントするかな、これはやっぱりこういう意味があるのではないかなと考えながらテレビを見ることにしています。

もちろん、意見がテレビによって誘導されるのはプロパガンダと言って良くない側面があるのは間違いありません。しかしながらこれだけ対応から進む世の中にあって、1つだけの意見を取り入れるのは良くないと思います。あくまでも様々な意見をもとに自分自身の主張を形成することが重要になるのではないかと思います。そしてそこでテレビが果たす役割は非常に大きいのです。

これからも、テレビが果たす役割はまだまだあるのではないでしょうか。