日本では、野球というスポーツは非常にメジャーですが、この野球に関しては他のスポーツと明らかに違う部分が存在します。
それは選手以外の人たちもユニフォームを着ているということです。

厳密に言えばソフトボールもそうなのですが、日本または世界に存在するスポーツの中でも、こういった光景は実は明らかに異質です。
他のメジャーなスポーツは基本的に監督やコーチらはユニフォームを着ていません。
例えば、スーツやポロシャツなどを着ているシーンが多く、それ自体は当たり前の光景として私たちの目に映っているはずです。

野球などの一部のスポーツでは、監督やコーチがユニフォーム姿であるという部分は、他のスポーツと比べて明らかに異質であり、それは本来であれば大きな違和感につながるでしょう。
しかし、日本または海外で野球を目にする機会において、監督やコーチがユニフォームを着ている状況に対して、実際に違和感を覚える人は少ないと言えます。
この光景自体は明らかに異質であるにもかかわらず、違和感を覚えないのはその光景に見慣れてしまったからです。

つまり、野球は選手以外がユニフォームを着るスポーツであるという認識が完全に定着しているという部分によって、違和感を覚えないのです。
こういった現象はビジネスにおいても重要な考え方になると言えるでしょう。

斬新なアイデアも、時間が経てば、慣れれば当たり前のものに感じられるということです。
非常識がいつの間にか常識になるといったことが起きる可能性があります。

私はそういった認識を常に頭の中に入れながら仕事に取り組んでいきたいです。
現時点で珍しいもの、違和感を覚えるものであっても、その感覚はいずれ消える可能性があるという前提でアイデアを出していきたいと考えています。