皆さんおはようございます。今日はコロナウィルスによる食生活の変化について個人的な見解も含め述べていきたいと思います。

コロナウィルスで巣ごもりの期間、皆さんもテイクアウトを多く利用したのではないでしょうか。街の中にUber Eatsのマークが溢れていたことを記憶されている方も多いかと思います。

実際にファーストフードやチェーン店だけではなく、それなりになの通ったお店でさえもテイクアウトでお客様のニーズをつなぎとめる活動を行っていました。

私自身もかなりテイクアウトを利用し、食事を楽しむことができたと思います。実際に家族で自宅で落ち着いてお店のクオリティーの食事を楽しむことができれば、テイクアウトの料金が多少上乗せされても充分付加価値として了承できると認識しています。

おそらく、私と同じような認識を持っている方々が多いのではないでしょうか。それだけに緊急事態宣言が終わった後も、様々な飲食店がテイクアウトを継続している状況です。

こう考えると、テイクアウト専門店が今後は増えてくる可能性もあると思います。実店舗を構えるよりもテイクアウトを専門にビジネスを展開した方が固定費もかからず、非常に運営しやすいからです。要するに宅配ピザがあらゆる飲食業界に広がると言うイメージでしょうか。

もちろん、お店の雰囲気を味わいながら食事をする楽しみが消えるわけではありません。新たにテイクアウトの楽しみを増やすと言うことで飲食業界もこれからの苦しい時代、さらなるビジネス拡大のために検討をしていく必要があるのではないかと消費者の目線で感じました。