傍から見れば仕事をサボっているように見えるような人がたまにいるのではないか?と思います。
しかし、その人が仕事をサボっているとは限りません。
効率化を優先した結果、そういう見え方になっているだけかもしれないのです。

仕事をしているように見えるような取り組み方だけが仕事ではないということです。
息抜きのような時間を設けることが、結果的に仕事がはかどるきっかけになるかもしれないからです。

人間は同じことにずっと集中を続けるということが難しく、いずれ集中を欠いてしまうことがありえます。
そういった状況ならば、適度に手を抜きながら、または息抜きをしながらやった方が結果的に仕事がはかどるということが起きるわけです。

したがって、「サボる」という言葉に惑わされないことが大切です。
サボることは仕事においては重要だという認識を持った方が良いと思います。
サボった方が効率的に仕事ができるという可能性があるので、自分のメンタルなどを考慮して、適度に手を抜くことを考えていくことが必要なのです。

最終的にどの程度の成果を残すことができるか?どれだけ集中できるか?という部分から逆算して、どのように仕事をしていくか?を考えることが重要と言えるでしょう。
私は仕事をするときにはサボるということも頭に入れながら行っていきたいと思っています。
やはりサボることで仕事の能率が上がることがあるはずなので、サボることも仕事の一部だという意識で頑張っていきたいです。