投資がうまい人と投資がうまくない人というのは、それにはどこかに分水嶺になっているのかを考えて、失敗しない投資を考えるということはおもしろみのあることだと思って、私は多くの株式投資ブログを読み漁りました。

普通、多くの人は投資でうまくやっている人だけにしか見ることはできません。なぜならば、投資で失敗した人には書籍を出版できないからです。ですから、巷にあふれかえっている書籍は闘志でうまくやる方法ばかりかかれています。

しかし、数年単位の投資ではそこに書かれている方法を行なったとしても多くの人は成功ないということもやっぱりわかりきっています。ですから、私は数年単位で投資でうまくいっている人と、投資で大きな成果を出せない人を比較してたのです。

そして、私はついにある事実をつかむことができました。それは投資、それも株式投資では「思い込みが強い人は投資が下手」であるということが分かったのです。
投資においてある業界の株式が割安に放置されるときがありますが、そのような時は、その業界全体が構造不況に陥ってダメになっている場合と、そうではなく、利益があげているのだけけれど、ただ人気がないだけとに分けられます。

そして、その業界がただ人気がない業界だと分かった人がその業界の優良銘柄に投資し、わずか数年で大きくもうけることができるのです。それを何度か繰り返して、大きな資産を作ることができた人が成功者になっているのです。

それとは反対に投資で大きな成果を残せない人というのは世間に踊らされたり、自分がいいと思う業界の株を購入し、それが下がっても買い増しを行なう人は株式投資でなかなか」成果を出すことができないようです。