働く皆さんにとって職場の人間関係が一番の悩みだと思います。

人間関係は、人が生活していく上で絶対に必要なコミュニケーションです。

自分が良かれと思って言った発言も相手にとっては不快だったり、また相手から言われた言葉に傷ついてしまい、ネガティブな態度をとってしまうことは誰にでもあることです。

そこで今日はビジネスにおいての人間関係をよくする方法について考えていきたいと思います。

まず一つは、「共感」です。

相手の話に共感すること。自分が反対の意見だったとしてもまずは、「そうですね、わかります。」この姿勢が大切です。

すぐに反対の意見を述べるよりも、一度共感の姿勢を見せることでクッションの役割を得ることができ、相手の警戒心を和らげることができるでしょう。

次に、「相手に言いたいことは本人に直接話す」こと。

これは会社の雰囲気全体に関わることかもしれません。

トップの人が部下の悪口を他の社員に話していたら、それがまた他の誰かに伝わって、、とネガティブな発言は会社全体の空気やモチベーションを下げてしまいます。

相手に直してもらいたいことや、注意してもらいたいことは、「なるべく本人に伝える」という意識を持つことが大切です。

最後に「あいさつをする」こと。これは礼儀ですね。

社会常識とも言い換えることができますが、常に意識することを習慣にしたいものです。

「人の振り見てわが振り直せ」これはビジネスにおいて基本の一歩と言えるでしょう。