私は今まで、どちらかというと風邪をひきやすい方でした。
しかし、振り返ってみるとここ1年風邪をひいた覚えがありません。

体調管理のためにと思ってやっている「手洗い、うがい」などはもともとしていましたし、
何がそんなに良かったのかな?と思い調べてみると、
「日々5,000歩以上歩くと風邪をひきにくくなる」という情報を見つけました。

そういえば、何カ月か前から美容のために歩数計を身に着けはじめました。

意識してウォーキングに出かけるところまではしていませんが、
歩数計に歩数がどんどんカウントされるのが嬉しくて
ちょっとした駅の階段などはすすんで登ったり
少し遠回りをするなど、以前より確実に歩数が増えています。

5,000歩というと、だいたい約1kmになるそうです。

「一日10,000歩歩く」という健康法は有名だと思いますが、
10,000歩歩くのは時間もかかるし、難しいと感じている方が多いと思います。

しかし、その半分の5,000歩でも
筋力、抵抗力の維持やメタボリックシンドロームの予防、
老化予防や心疾患予防につながるという研究結果が発表されているようです。

何の気なしにはじめた歩数計生活でしたが、
思わぬ利点があり、驚きました。

ちなみに現在私の一日の平均歩数は約6,000歩。
ほとんど毎日5,000歩をクリアしています。

体調を崩さなくなってからは、一日をよりパワフルに使えるようになりました。

仕事も、欠勤の心配がいらないし、
体調がいいのでいつも万全の体勢で取り組むことができます。

最近はスマホアプリで歩数計を手軽に身に着けられるので
ぜひ、みなさんもこれを機会に、歩数計アプリをダウンロードしてみてください。

そして、まずは自分が一日何歩くらい歩いているのか
チェックするところから、風邪をひきにくい丈夫な体を作っていきましょう。