ユリスナルダン、 ミケランジェロジガンテ、クロノメーターという腕時計があります。

ユリスナルダンという時計メーカーは日本では多くの人に知られた腕時計メーカーではありません。日本で有名なのはロレックスとオメガです。それ以外ですと多くの人は知りません。一部の腕時計マニアになるとそれ以外の腕時計ブランドをも知っています、ユリスナルダンという腕時計を買おうという酔狂な人というとほとんどいないと思いまいます。ユリスナルダンとはいわばマニア向けの時計メーカーなのです。

現に、私が先ほど挙げました腕時計ですと、その樽型の形状から時計に興味のある人手さえ多くの場合「フランク」と聞いてきます。ちなみにフランクとはフランクミューらという時計ブランドで、その時計の多くがトノー型で作られてそれで世界的に人気が出たので、トノー形といえばフランクミュラーなので、トノー型の時計を見ると多くの人はこのように反応するのです。

しかし、ユリスナルダンというの時計ブランドはそれなりにパテントも持っていて技術力はある会社なのだけれども時計の文字盤のデザインがいまいちだったり、時計ケース形状がいまいちだったり、とにかく見た目があまりよろしくないものが多いのです。

しかし、先ほど紹介しました腕時計はユリスナルダンでありながらバランスのとれたデザインで私の感性によくあったものなのです。ただ、この高級感のある文字盤の腕時計は非常な重厚な時計腕時計なので、つける人を選ぶものなのかもしれません。