新しい元号になって、早1カ月が過ぎようとしている中、先日、金融庁が「夫65歳以上・妻60歳以上の夫婦のみの世帯が、年金だけで今後30年生活するのに年金のほかに2000万円必要」と発表しました。

2000万というと会社員からしてみればものすごく大きい額に感じられます。

ましてや、会社員の中には、住宅ローンなどを組んでおり、それとは別に2000万用意するのは非常に大変なことだと思います。

年金というと、会社員は給料からの厚生年金のが引かれ、自営業の方などは、国民年金を払っている方もいると思います。

かつては『年金100年安心プラン』とも言われておりましたが、

人生100年時代の今、この年金100年安心は、もはや終わりを迎えていると思われている方もいるでしょう。

実際、老後の蓄えのため、年金を払っている感覚でしたが、

昨今、年金は払う金額が多い割には、支給額が少ないと聞いております。

確かに、現在の年金制度には、少々納得いかな点もあります。

会社員の中には、定年後も働くという方もいると思いますが、

在職老齢年金があるせいで、思うように働けない人もいるのではないのでしょうか?

在職老齢年金は、60歳も働き、老齢厚生年金を受給しながら、厚生年金保険のある事業所で働いていると、給与に応じて年金が減額されるというものです。  

収入が多い場合には、支給停止され、老齢厚生年金が出ない場合もあります。 

年金も報酬も自分の労働の成果なのに理不尽と感じます。

今後、定年後も仕事をすることを進めるのなら、この在職老齢年金を見直す必要があると思います。

65歳未満は、28万円が制限とも言われております。

毎月の給与と年金の月額が、28万円以下ならば、年金は減額されない制度です。

言い方を変えると、28万円を超える場合は、減額されということです。

まず、生涯現役を考えるとこの制度を、なくすことが先なのではないかと思います。

中には正社員ではなく契約社員などの形にすれば在職老齢年金のことを考えずにすみます。

ですが、これは労働時間や身分保障の問題もありますから、あまり勧められる訳ではないと思います。