【3月】 カテゴリーの例文

 

コンピューターウイルスを駆除している会社の3月あたりに多いスピーチの内容です。 スピーチを行うのはその会社のエンジニアを統括しているチーフになります。 まず、アルバイトに向けたスピーチです。 「3月に入り何々というコンピューターウイルスが増加の傾向です。お客様…

続きをみる

三月は他の月より重要な月だと自分は思っております。 出会いと別れ、終わりと始まり。学校や社会人、転勤等による引越し。新天地での新生活。会社等は年度末になります。様々な要因で慌ただしい月とも言えると思います。しかし、良い意味ではいい「経験」をする月だとも思われま…

続きをみる

3月といえば、世間では卒業式などという甘ったるい行事で学生諸君は最後の学生生活を楽しめる時期ですので、海外に行ってハメを外している人たちもいるかもしれません。しかし、会社では人事異動での引越しの時期なのです。 ただ、会社によっては人事異動といっても今まで通って…

続きをみる

3月といえば国公立大学の合格発表です。もちろん、その前に私立大学の合格発表もありますよね。国公立大学受ける生徒のほとんどはを私立大学を第一志望にするのではなく、国公立大学を第一志望にしているのではないでしょうか。 しかし、首都圏に住んでいる人の場合は少々様子が…

続きをみる

春が本格化し、花粉症を持っている社員にはつらい時期になりました。 花粉症はアレルギーとしては最も一般的で、統計では男性の花粉症有病率は35.7%、女性は41.8%と非常に高い罹患率です。 花粉症になったことがないという人は全体の51.1%で、花粉症が治ったとい…

続きをみる

3月といえば別れの季節というイメージがありませんか?卒業式は3月ですし、多くの会社では人事異動もある時期です。 私は高校の時の卒業式が忘れられません。 高校は自分の地元から少し離れたところにあり、卒業したらもう会わない人もたくさんいました。 だからか、とても不…

続きをみる

山本五十六元帥の名言を読み解くと仕事に役に立つ。 「やって見せて。言って聞かせて。させて見せて。褒め てやらねば。人は動かじ」 新人に仕事を教える場合、自分自身が相手の立場になっ て、先ず仕事のやり方をやって見せてやり、ちょっと理 解したかを言って聞かせてやり…

続きをみる

今日から3月に入りましたね。三月といえば異動や卒業等の別れの行事が多い季節ですが、本日は花粉症についてお話出来ればと思います。 毎年ですが、私は花粉症から風邪をひくことがあります。 もともと花粉には敏感な方なので、花粉症には毎年なりますが、毎年と言っていいほど…

続きをみる

1925年の3月22日というと、日本でラジオ放送が開始された日です。 ラジオというのは、当時の国民の娯楽の1つとなっており、その後テレビが登場してからも大衆の楽しみの1つとなり続けました。 現代では娯楽があまりにも多様化し続けたため、相対的にラジオを楽しむ人の…

続きをみる

毎年3月というのは靖国神社のサクラの開花宣言が行われる時期です。 多少前後しますが、3月中に行われることが多く、春の訪れを知るいい機会になっていると言えるでしょう。 サクラというのは日本人にとって非常に馴染みが深い花であり、花見を楽しむ人たちが毎年多くいるよう…

続きをみる

毎年3月頃になると、徐々に花粉が強くなってきて、花粉症に悩まされる人も多くいると思います。 花粉症というのは非常に辛いもので、毎年苦労をしている人が多くいるのではないでしょうか? そんな花粉症に対しては、いろいろな品を使って少しでも状況をマシにしようと試みる人…

続きをみる