【社会・経済】 カテゴリーの例文

 

私たちにとって最も親しみやすい歴史上の時代といえば、江戸時代でしょう。何と言っても時代劇で描かれるのは江戸時代がほとんどだからどうしても印象に残ります。 さてその江戸時代ですが、知っているつもりでも実は驚きが満載です。 たとえば、三行半、とは男が一方的に妻と離…

続きをみる

私は株式投資が好きなのですが、その経験から、日本人はもう少し「賭け」をした方がよいと思っています。 これは何も、株式投資だけの話ではありません。日本には、不確実なことをしないのが正しい、そして、不確実なことをして失敗した人を責める、という風潮があるようにも思え…

続きをみる

皆さんおはようございます。今日はちょっと「日本人」について話をしたいと思います。 有名なジョークにこんなのがあるのはご存じでしょうか。豪華客船で火災が発生しました。船長はそれぞれの国のお客さんに海へ飛び込むように、こう指示を出しました。 アメリカ人に対して、「…

続きをみる

一昔前までは、会社に勤務する女性は制服を着ていたものですが、近年は私服での勤務が一般化しています。 ただ、男性は相変わらず、スーツの着用が義務のようになっています。 スーツの歴史は19世紀半ばに遡ります。 イギリスでできた「ラウンジスーツ」や、アメリカのブルッ…

続きをみる

長く生活を送っていると、実印とともに印鑑証明の必要になることがあります。 例えば、不動産や住宅の購入・売却、登記の手続き、遺産相続の証明、保険の受領などです。 つまり、重要な契約を締結する際には、印鑑証明を提出しなければなりません。 印鑑証明を添付することによ…

続きをみる

百人一首などには多くの恋の歌があります。その中には歌会で大勢に披露された歌や、逆に密かに送られたがあります。 子供心にも不思議だったのは、なぜ秘密の恋の秘密の歌が、1000年後の私たちのかるた競技になっているのか?ということです。 理由はズバリ、プライバシーが…

続きをみる

最近の大人は心にゆとりが少なくなってきているのではと思う人もいるようです。それは、テレビのエンタメ系の柱であるテレビドラマを見ては「本当ならばあんなことしない。」とか「あんなことやったら犯罪です。」ということをSNSで発信している人が多いのです。 確かに彼ら彼…

続きをみる

昨今では様々な場面で現金よりもクレジットカードやQRコード決済といったキャッシュレス決済がどんどん進んでいます。まだまだ欧米に比べるとその比率は低いものの、日本の政府の後押しもありその比率はどんどん上がっていくことになるでしょう。 私自身もクレジットカードやQ…

続きをみる

社会人にもかかわらず「今から本気で頑張ればなんとかなりますか。」という質問をしてくる人たちはいます。しかし、このような質問は質問自体に意味がないのです。なぜならば、すでに質問の答えが初めから決まっているからです。 もし、この質問に対して私が「そんなの無理だよ。…

続きをみる

株式投資と言いますと株式投資を実際にはやったことのないけれど、書籍などである程度投資の知識を吸収した多くの人たちは、一度株式を購入したらその株を持ち続けて配当金をもらい続けた方が得ではないかと考えるようです。 確かに投資した企業が成長し続けているのならば、株価…

続きをみる

男性の趣味といえば自動車、腕時計、骨董などがあげられます。この中で、ステイタスがあるものといえばやはり自動車と腕時計ですよね。その人の保有している自動車のキーや腕時計を見ればその人の懐具合がわかるといった芸能人がかつていました。 彼は高級車を保有し、腕には高級…

続きをみる

皆さん、今住んでいる、暮らしている社会は一体誰の手で作られてきているか考えたことがありますか? 総理大臣でしょうか?国会議員などの政治家でしょうか?はたまた天皇でしょうか? もしそう考えている人がいたらそれは大きな間違いです。 この世の中を作っているのは、我々…

続きをみる

何かを言えば必ず「だって、だって。」と言い返してくる人はいます。例えば部下の成果がよくないので、それで部下を呼び出してそのことを言うと部下は多くの場合何らかの弁解をしてきます。 彼らには彼らなりの理由があってそのような結果になったことを伝えれば、こちらもその理…

続きをみる

先日、ある家での揉め事を耳にしました。 年老いた親の介護に関するよくある事件なのですが、 体も頭も衰えた親を、同じ敷地内に別棟を建てて住む長男夫婦が世話をしていました。 結婚して家を出た次女も、頻繁に帰ってきては何くれとなく世話をしています。 これ、一見良い話…

続きをみる

漫画家というものは漫画の絵がうまくなければなれないので、多くの人は漫画家はそれほど気楽な商売だとは思いません。 しかし、これが小説家しかもライトノベルという子供向きでありながら児童文学ではなく漫画よりもものというのは、あのようなものは誰にでも書けそうで、それで…

続きをみる

多くの人たちがブログを開設しています。彼らはどうしてブログをやるのでしょうか。楽しみのためでしょうか。自分の生きているといいう証を残すためでしょうか。それとも何か他の目的のためでしょうか。 私が見るに多くのブログというのは開設当初から目的が決まっている人もいな…

続きをみる

副業とはいえないまでもお小遣いサイトに登録して小額でもお金を稼ぎたいと思っている人は多いと思います。確かにあのようなサイトというのは本当に隙間時間でもできることもあるので、移動時間などにあのようなサイトにアクセスしてお小遣いを稼ぐことができるとなんだか得した気…

続きをみる

諸君の中で「きょうじを持て」と言う言葉を使ったり、聞いたことはありますか?「矜持」の「矜」は誇りの意味です。 一昔前の社会では「プライドを維持する」、「誇りを保つ」事で他社との違いを引き出し、リードすることでした。 商品の差別化、イコール他社との差別化をしリー…

続きをみる

皆さんご存知の通り、中国の武漢市が感染元とも言われている新型コロナウィルスが世界中に猛威を振るい、世界中で約690万人が死亡し、世界中の人々に恐怖を与えています。 日本では、横浜港に停泊していた豪華クルーズ船ダイヤモンドプリンセス号の乗客からコロナウィルス感染…

続きをみる

皆さん、日ごろの食品の買い物はどこでされますか? ネットショッピングの割合も多くなってきておりますが、やはり食品はスーパーマーケットで 購入する人が多いのではないでしょうか。 そんなスーパーマーケットは、われわれ消費者にたくさん買い物をしてもらうために いろい…

続きをみる

皆さんにも、好きなタレントさんの1人や2人はいらっしゃると思います。 その人について、「仕事以外では普段どんな考えをもって生きているんだろう」と考えたことがありますか? 華やかな世界と言われている芸能界でも、そこで活躍しているタレントさん一人一人もそれぞれ個性…

続きをみる

皆さんは、「情けは人の為ならず」ということわざを耳にしたことがあると思います。 しかし、その意味を正確に説明できますか? 最近ではこのことわざを間違って理解している人が増えているようです。 「情けは人の為ならず」とは、「人にかけた情けは、巡って結局は自分のため…

続きをみる

現代社会はいろんな意味で結果に差がつく時代です。 昭和の頃の総中流時代は終わりつつあります。 金融機関をはじめ多くの企業の統廃合が急速に進みつつあります。 令和の時代に入り、トヨタ自動車の社長が終身雇用の終了を 表明するなど、昭和は平成の初期まで通用した常識が…

続きをみる

カリスマ経営者と呼ばれる人たちがいます。えてしてそういう人たちは、社会の未来を予想し、自分たちの繁栄を約束します。しかし、彼らの予言は、実はよく外れています。当たった部分だけがクローズアップされるということと、その人たちが自信たっぷりであることから、カリスマ的…

続きをみる

大学というところは「どうでもいいや」という感じで過ごしても卒業はされてくれるところです。わが母校の高田馬場を最寄り駅とするあの大学もそんな感じのゆるい大学です。この大学では巷では難関大学といわれているようですが、所詮は私立大学ですので私が入学したときには英語、…

続きをみる

記憶力というものは人によってかなり違いがあるといえます。ですから、少々勉強しただけでいい成績をとれる人もいれば、かなり努力しているので結果が芳しくない人もいます。そして、社会に出るときにその発射台がより有利な位置になるのがどの学校を卒業したとか、どんな資格を持…

続きをみる

よく「一生懸命頑張ります」と言ったり、聞いたりしますよね。 皆さんによって、「一生懸命」とはどんなことでしょうか? 良い一生懸命と悪い一生懸命があります。 例えば、二人の人が取引先に同じミスをしたとしましょう。 Aさんはそれを上司に報告し、対処し、仲間にも報告…

続きをみる

私ははるやまの株主優待を使って、ワイシャツを買ってきました。はるやまの株主優待はネクタイもしくはワイシャツの無料券一枚と15%オフの券が2枚もらえます。はるやまの株価は100円以下ですから、私がはるやまの株主だといっても、たいしたことないいち株主にすぎません。…

続きをみる

セールというものほど悩ましいものはありません。なぜならば、セールとは本来よりも安く買えるからです。 しかし、アマゾンの場合ですと話しが少々複雑なのです。 アマゾンはアマゾンギフト券でも商品を購入できるので、その券を持っているときは購入しようと思っている商品でも…

続きをみる

私は調子にのってといいましょうか。株主優待クロスできるものはなんでもクロスしようという精神でSMBC日興証券を使ってクロスをしていましたら、どうやらこのままでは現引き資金が不足しそうになっているのです。 このままでは現金が足りなくなって、追証などということにな…

続きをみる

少子高齢化が定着したことで、年金制度の破綻が社会問題になっています。そこで、若い人の間で盛んに言われるようになったのが、『年金が貰えないなら、年金保険料を払わないで、生活保護を受けた方が得じゃないか』ということです。つまり、生活保護費と年金支給額が逆転している…

続きをみる

投資がうまい人と投資がうまくない人というのは、それにはどこかに分水嶺になっているのかを考えて、失敗しない投資を考えるということはおもしろみのあることだと思って、私は多くの株式投資ブログを読み漁りました。 普通、多くの人は投資でうまくやっている人だけにしか見るこ…

続きをみる

最近どういうわけか巷では学校教育では役に立つことばかり教え込もうとしているよう思います。もちらん、学校で教えられたことが本当に役に立つのならば、そんないいことはありません。しかし、学校で教えている「実用的なもの」というのははっきりって役に立ちません。いや、むし…

続きをみる

株主優待クロス取引でリスクなしで株主優待を企業からもらう取引をうらやましいと思い。私も始めた株主優待ただどり作戦ですが、ここにきて以前よりも株主優待クロスがしにくくなってきていると私は感じています。 そのわけは株主優待クロスを行なう人口が増えているというのがも…

続きをみる

人生100年時代となりました。 人間の人生はすごく長くなってきたと実感します。 これだけ長いと人生を支えるためにある程度の 生活を支える資金が必要になります。 資産家と呼ばれる一部の人を除くと仕事を退職後は、 年金を主な資金として生活することになります。 その…

続きをみる

私の住んでいる地域には、子育て世代が割引を受けられるカードがあります。ショッピングモールでの買い物や、イベントなどでお得な割引が受けられる証明書のようなものがあります。 1回のお会計で、30円とか、50円お得になるらしいのですが、正直、私からしたらその程度なら…

続きをみる

大人になっても朝寝坊が治らない人っています。 会社勤めでは、時間厳守は常識中の常識、遅刻なんてもっての他です。 しかし、いくら注意をしても、そのときばかりでまた元に戻ってしまうのです。 困ったものです。 皆さんの周りにも、心当たりの人物が居るのではありませんか…

続きをみる

近頃、「ゆるい就職」という言葉を耳にしますが、皆さんは聞いたことがありますか。 近年の若者が望む、「仕事に対しての考え方」といえばわかりやすいでしょうか。 正社員になって、仕事に明け暮れる生活から、ゆとりがある生活を希望する若者が増えているそうです。 世界から…

続きをみる

世の中はいろいろな人がいます。 いい人悪い人、いい人そうに見えて実は悪い人もいれば、その逆で悪い人だと思っていたら、実はいい人だった、というパターンもあります。 人の本性を見抜くのは、人生経験を積んだつもりでも、いがと難しいものです。 私は、どんな人が「いい人…

続きをみる

ちまたではノーリスクでもうけることができるIPO投資や優待クロス取引が流行っています。確かに、簡単にだれでもできるこの投資方法は広まりました。しかし、本当に投資はこれだけでいいのでしょうか。でいくらもうかるのか。 年間どれくらいの利益を出したいのでしょうか。も…

続きをみる

ノーリスクでお金もうけができる方法だと聞くと多くの人はそれをやりたいと思います。現にIPO投資、一般信用の空売りを用いた株主優待クロス、PO投資などは多くの人がこぞって参加しています。 しかし、どういうわけかお金もうけができる方法でも努力しなければならない方法…

続きをみる

「私にはしっくりきます。」という表現を頻繁に使う人がいます。 しかし、彼らはどうして「しっくりする」のかということを全く言いません。理由を言わないので、その根拠は本人以外は全く理解できません。彼らは「私は何々だ。」と書いてすべて個人的な嗜好に落とし込めばすべて…

続きをみる

私は、毎朝ニュースを見てから出社しています。 通勤中は電車の中でネットニュースをチェックするのが日課です。 先日、ふと気が付いた事なのですが、良いニュースより、悪いニュースの方が圧倒的に多いですよね? なぜなんだろう、と、私なりに考え、少しだけ良い答えを出して…

続きをみる

あおり運転に関するニュースが連日放送されています。 容疑者は、顔を殴られた被害者だけでなく各地であおり運転や乱暴で危険な運転を何度も繰り返していたようですので、 普段から車を運転する機会が多い私にとってはひと事ではないと感じております。 道路を走っておりますと…

続きをみる

投資で大事なこととはどのようなことでしょうか。 そのように考えると多くの書籍にはまず「投資を早くから始めることだ。」という風に書かれているかもしれません。それは正しい意見ですが、どうしても抑えなければならないことではありません。 私は今の答えは一番目に重要なこ…

続きをみる

連休が終わってしまうと多くの社会人は仕事に行きたくない病にかかってしまうようです。 仕事に行きたくなくなった原因というのは様々なことが複雑に絡み合った結果だと思いますが、それを一つ一つときほぐすことができれば本当の原因を探し当てることはできるかもしれません。 …

続きをみる

日々の業務、ご苦労様です。 私はこの職場のメンバーをチームと捉えています。 チームは仲間です。 今日はチームのメンバー個人個人がそれぞれ仲間の体調やメンタルを気遣うことにしましょう。 となりの席のひとに、あいさつと同時に体調はどうですか? 心の調子はどうですか…

続きをみる

みなさんは株主優待クロス取引という言葉を聞いたことがありますか。 普通株式取引といいますと、「損をしそうだとか、なんか怖いとか」とにかくあまりいいイメージを持っていないかもしれません。しかし、株主優待クロス取引というのは、ほぼリスクがない取引にもかかわらず、お…

続きをみる

投資ブログを読むと、株式投資について何か学んだことはないけれども投資をやりながら株式市場でどん新しいことを吸入して、そこで上達した人もいるようです。 そのような人は「投資は書籍などで勉強するよりもどんどん実践を通して学ぶべき」というような趣旨のことがブログに何…

続きをみる

日韓関係が悪化しているニュースをよく目にするかと思いますが、 日本が韓国に対して取るべき態度はどのようなものであるべきかを、日本と韓国のこれまでの歴史関係を踏まえて考えてみました。 そもそも、日韓関係の悪化の根源は、第二次世界大戦中の日韓併合から始まります。 …

続きをみる

私はなんでもかんでもドケチをしてお金を貯め込んで金融資産を増やしたいと目論んでいます。どうしてして私がこのように「お金、お金」と四六時中お金のことばかり考えているかといいますと、それには分けがあるのです。 そのわけは、「貧しい人はどうがんばっても金銭的にゆとり…

続きをみる

2011年の震災の時、組織におけるリーダーの重要性を改めて感じました。 震災全体の7割にも上る瓦礫を抱えた宮城県のリーダーとして、甚大な被害を被った中で組織を混乱させまいと辛くて涙が出そうになっても自分の感情を押し殺し、決して表に出さなかった当時知事だった村井…

続きをみる

新しい元号になって、早1カ月が過ぎようとしている中、先日、金融庁が「夫65歳以上・妻60歳以上の夫婦のみの世帯が、年金だけで今後30年生活するのに年金のほかに2000万円必要」と発表しました。 2000万というと会社員からしてみればものすごく大きい額に感じられ…

続きをみる

日本は平均寿命が世界トップレベルの長寿大国です。 しかし、高齢者の中には認知症や寝たきりの状態にあるなど日常生活に支障のある人もたくさんいます。日本人の認知症発症率は同年齢のアメリカ人や東アジア人と比べて高く、世界一であると位置付けている著書もあります。日本に…

続きをみる

65歳未満で発症する認知症を、「若年性認知症」と言います。 若年性認知症の方は、社会的役割が大きい世代であり、認知症になって職を失うと経済的問題が大きくなります。 また、配偶者が家庭内の多くの役割と介護を担うことが多く、身体的、精神的、経済的な介護負担が大きい…

続きをみる

一般的に超高齢社会とは、総人口に占める65歳以上の人の割合(高齢化率)が21%を超えた社会のことを言います。 日本は2007年にすでに移行しており、現在ではさらに高齢化の進んだ社会となっています。 2025年には75歳以上の後期高齢者の全人口に対する割合が18…

続きをみる

株主優待制度とは日本独自の制度のようです。普通株主に対しての還元策として企業は配当を行なったり、自社株買い及びその株式の償却を行い、企業価値を高めます。しかし、株主優待を行なうことで、配当金プラスアルファを株主に配ることにより企業価値の底上げをはかる企業もあり…

続きをみる

厚労省のホームページに興味深いページがありました。 その名も「職場の安全サイト」といい、そこにヒヤリ・ハット事例というものがあります。 このヒヤリ・ハット事例とは深刻な事態や災害を招くことはなかったものの、招く可能性がありヒヤッとしたまたははっとしたという指呼…

続きをみる

多くの人たちはうすうす気がついていますがそれを口にできないことというのがあります。それは貧しい人ほど生活するために大きな負担を強いられるということがあるのです。普通以上の生活水準の人から見ると、お金がなければ自炊すればいいと考えますが、本当に貧しい人というのは…

続きをみる

最近街中を歩いたり、電車に乗ったりと外に出ているときに外国の方に出くわすことが多くなったと思います。 以前は中国人客の爆買いがニュースにもなっており、ここ数年で外国人観光客の来日は3倍以上に膨れ上がっているそうです。 地方で多く見かけることはありませんが東京や…

続きをみる

人間は合理的に行動するはずだという考えが根底にあるのが経済学ですが、人間は常に合理的に動くとは限りません。 合理性よりも自身の感情の部分を優先することがあるのですが、その点を踏まえて考えたのが行動経済学という学問です。 人間の不完全な部分に注目したのがこの行動…

続きをみる

現在、日本国内では数えきれないほどの投信が販売され、そして運用されています。これから投資を始めたいのだけれども、何を購入したらいいのか分からないという投資初心者の方だと選択肢が多すぎて選べないのかもしれません。 しかし、このような選択肢が多くて選択ができなそう…

続きをみる

私の趣味は投資です。投資といえば多くの人はワンルームマンション投資や外国為替証拠金取引などを思い浮かべるかもしれません。しかし、私は株式投資しか行ったことがありません。 それには理由はあります。株式投資というのは、投資を始めるにあたっての投資金額も少なくてすみ…

続きをみる

今でも多くの人たちは「投資は若いうちからは始めるべきだ。」といいます。確かに今までのところ長い年月をかければかけるほど投資のリターンは大きくなる傾向にあります。ですから、賢明な先人たちは「投資は若いうちから始めなさい。」というのでしょう。 私はこの意見に対して…

続きをみる

まだ食べられるのに廃棄される食品は、年間約640万トンに上ると言われています。 これを国民一人当たりに換算すると、毎日茶碗一杯分の食品を捨てていることになるそうです。 一方で世界には飢餓に苦しむ多くの人がいて、これらの人への食糧援助量は、この半分程度です。 日…

続きをみる

最近、私が気になっている事件についてお話します。 6月16日の朝早く、大阪・吹田市の交番前の路上で、この交番に勤務する男性巡査の胸に、包丁が刺さった状態で倒れているのを同じ交番で働く警察官が見つけたという事件が報道され、皆さんもご存じのことと思います。 刺した…

続きをみる

基本的に超高配銘柄というのはその株にはそれ相応の理由・リスクがあってその利回りになっています。ですから、高配当銘柄だといって株式投資素人が「高配当をもらいながら値上がりを待つ。」という風に安全第一の投資でそのような銘柄を購入するのはいったん立ち止まって考え直し…

続きをみる

毎月6万円以上のお金を投資にまわせなければ、幾ら生涯投資し続けたとしてもある程度の金融資産を築くことはできません。 これはアメリカのバーモント州でとある男性が92歳で他界した際、その遺産を調べたら、9.7億円もの株券が出てきたという有名な話から導き出した答えで…

続きをみる

ワークライフバランスと働き方改革、この二つを聞いたことはあるんじゃないかと思います。 ワークライフバランスは読んで字のごとく、仕事と生活のバランスを取りましょうというもの。 残業などしすぎて生活面に影響出さないようにというメッセージが込められています。 働き方…

続きをみる

株主優待クロス取引ということがをご存知でしょうか。これは、株式取引で同一銘柄を空売りの値段と現物買を同時に行い、株主優待だけをいただくという行為です。この行為は法律で規制されていませんから、やりたい人はだれでもできます。 しかし、企業も、このような株主優待クロ…

続きをみる

勉強が苦手な人が勉強をしないでいても、それが解消されるということはありません。なぜならば、勉強が苦手なままだからです。しかし、勉強が苦手な人というのは勉強が苦手なので、自分でそれを解消しようとはせず、誰かの答えなどを写す等の大抵その場限りのことをやってお茶を濁…

続きをみる

投資の世界には様々な魑魅魍魎がはびこっているといわれています。それが事実かそれともただの噂なのかは検証はできません。しかし、多くの人の欲というものは抑えることができずに膨張しているということだけは確かです。 私たちの生活がよくなっているものこの人間の持っている…

続きをみる

実家に帰省した時のことです。 久しぶりに私の部屋をのぞいたところ、非常にものが散乱していたので断捨離を行いました。 すると、なぜこのようなものにお金を出してしまったのか疑問を抱いてしまう物が大量にありました。 当然、それらは処分しました。今後は何をするにも、も…

続きをみる

株取引をしているトレーダーの多くは心理学を学んでいるといいます。 一見すると、経済などの勉強をした方が役立ちそうなイメージかもしれませんが、株取引で重要なのは、この瞬間他のトレーダーが何を考えているか?を分析することたそうです。 そういった心理分析から、他のト…

続きをみる

最近高齢者の事故について痛ましいニュースを耳にします。 実際に死亡事故に発展した件数も少なくはなく、単独事故や軽微な事故を入れると報道されている数倍はあると思っていいでしょう。 日本政府としては、免許を返礼するように進めたり、世論やニュース系の掲示板などを見る…

続きをみる

私はここ最近芸能人の働き方の多様化が気になっています。 特に芸人の方の働き方の変化が見て取れます。 例えばキングコングの梶原さんやオリエンタルラジオの中田さん、そして芸人ではありませんがスマップの草薙さんなどが有名なところではないかと思っています。 上記の方が…

続きをみる

最近の子供たちの将来なりたいものというのを目にする機会がありました。 私が子供の頃はサッカー選手になりたかったですし、そのほかにはプロ野球選手やお笑い芸人といった大人も想像しやすい将来の夢が多かったと思います。 でも最近の子供たちの夢というのは変わってきている…

続きをみる

みなさん副業はやっていますでしょうか。 昨今多くの会社で副業解禁がなされ、副業をする方が増えていると思います。 まず前提として副業をやったほうがいいのかという話になるのですが、本業に支障が出ない範囲でやるべきだと思っています。 例えば毎月1万円でも年間でしたら…

続きをみる

皆さん、電車や街で中学、高校の生徒さんで、制服を崩して着ている子を時々見かけたりしませんか。 例えばネクタイをすごくゆるめていたり、ブレザーのそでをまくっていたり、あるいはまた、ズボンが酷くずっていていたり。私は通勤の途中などに時々そういう生徒さんたちを見かけ…

続きをみる

突然ですが、みなさんは横文字についてどのような印象を持っているでしょうか。正直なところ、私は苦手です。 テレビを見ていても、時折コメンテーターが横文字を使って言葉を話すことがありますが、私には何を言っているのか全くわからないことが多々あります。 例えば、次の言…

続きをみる

現代社会の問題のひとつに「いじめ」というものがあります。 多くは学校で発生して、自殺にまで発展してしまうことが増えています。 そこで大人たちは、いじめのアンケートなどいろいろ対策を講じています。 また、そこここで「いじめをなくそう」というスローガンが立てられた…

続きをみる

世の中は人手不足が続き、各企業とも働きやすい環境作りが進められています。早々に10連休を導入したり、有給休暇完全取得制度導入、ノー残業体制の確立など、できる企業は行動を起こしています。 そんな中、サービス業は休むと売り上げが落ちる、我が社は年中無休だから無理、…

続きをみる

2018年に本庶佑さんが、ガンの免疫治療薬につながる研究でノーベル医学生理学賞を受賞し、日本中が湧きました。 本庶さんは研究成果を小野薬品工業と共同で特許出願しており、特許の対価について小野薬品と契約を結んでいます。 この契約に基づく対価として小野薬品は約26…

続きをみる

ニュースで有名人の方が病気になったと聞くと、皆どこか他人事のように感じているのではないかと思います。 事実、恥ずかしながら私もそうでした。 しかし先日、考えを改める出来事がありました。私が骨髄移植のドナーに選定されたのです。 骨髄バンクのドナーになるには、健康…

続きをみる

近年、巷で話題のふるさと納税。既にやっておられる方も多いとは思います。 どうも仕組みか面倒くさそうで知らないフリをして生きてきましたが、友人に勧められて昨年、お金のことについて知識を増やそうと意気込み、ふるさと納税についてもネットや本でリサーチしました。 今や…

続きをみる

現代の日本現代は、外国人の労働抜きには語れない状況だといえます。 特にアジアの方々の労働力というのは、底知れないものがあります。 例えば、ベトナムの方々は、家族を重んじる文化が非常に強く、それが仕事のモチベーションにつながっているので、労働への意欲が日本人とは…

続きをみる

最近の私のブームは副業です。 きっかけとしては転職を機に残業が以前より格段に減ったことと、会社自体副業を認めているのでやり始めてみました。 ただどこかでアルバイトとかを行って稼ぐという程毎回時間を取れるかはわからなかったのと、自由度が低くなりすぎるのは嫌だった…

続きをみる

白洲次郎と言う人を知っていますか?  戦後、吉田茂政権下の終戦連絡中央事務局でGHQとのさまざまな連絡・交渉を担い、現在の日本国憲法制定時にも活躍した人ですが、 あまり有名ではなく知る人ぞ知る人物です。 彼は17歳で英国に渡って遊学し、伯爵を親友に持つなど英国…

続きをみる

9月になると毎年ニュースに取り上げられるのが、「アメリカ同時多発テロ」「9.11」です。 発生当時は衝撃的で、テロの脅威が一気に潜在化した出来事でした。この時テロとの戦いで一躍有名になったのが、当時のニューヨーク市長ジュリアーニさんです。 ジュリアーニ市長と言…

続きをみる

統計で見ても、交通事故自体の死亡事故は年々減少していますが、高齢者による死亡事故は増えているとのことです。 高齢になると、診断が下るような認知症でなくても、車幅の感覚がつかめなくなったり、車を道路標識などの理解が素早くできなくなったりするのですね。 そこで、車…

続きをみる

戦国時代、我慢に我慢を重ねて、ついに天下をとった徳川家康の性格は慎重であったと多くの人は思われているかもしれません。しかし、家康はそのような男ではありませんでした。 なぜならば、彼も若かりし頃、戦国最強とうわれた武田信玄との戦いで大敗北をしているからです。徳川…

続きをみる

大雨が降っても、「自分だけは大丈夫」と思う人はいます。そのような人は後々になって言う言葉は決まっています。それは「あの時は油断していた。」です。これは何かこと起こったときに多くの人が必ずいう言葉です。 しかし、多くの人は起こりうる可能性はあってもそれに目をつぶ…

続きをみる

株式投資をやっているというと多くの人は、利殖のためだけにそれをやっているように思うかもしれません。確かに株式投資の中にはリスクがほぼなしでもうけることのできるおいしい投資もあります。 それは、株主優待クロスやIPO投資と呼ばれるものです。しかし、これは多くの投…

続きをみる

世の中にはアメリカの高名な企業経営者であり投資家でもあるバフェットのまねをして金融資産を一億円以上増やそうと考え、なおかつそれをやっている人もいるようです。 そのような人は大抵の場合外国株式、これも高配当をおこなっているアメリカの成熟産業への投資、それから日本…

続きをみる

肺ガンが増えています。 肺ガンというとタバコが原因と考えられがちです。 実際に喫煙者が多い男性の場合、ガンによる死亡原因の第1位が肺ガンです。 女性でも肺ガンには第2位となっています。 また、肺ガンになった人のうち、男性の40%、女性では70%がタバコを吸わな…

続きをみる

あなたは白血病という病気を聞いたことがあるでしょうか。 白血病とは血液のガンです。 血球を作る細胞すなわち造血幹細胞が骨髄の中でがん化して無制限に増殖してしまう恐ろしい病気です。 最近では水泳日本代表の池江璃花子選手が白血病を告白し大きな話題となりました。 こ…

続きをみる

最近高齢者による事故が度々ニュースになっています。 私の身の回りでは特に事故はないのですがニュースを見ればいつも高齢者のだれかが事故を起こしたニュースがやっています。 高齢者による事故が増加して、高齢者による免許の返還が推奨されています。 ただ高齢者による事故…

続きをみる