【安全】 カテゴリーの例文

 

安全第一、安全が一番と言われていますが、正直、我々日本人は安全がなんなのか分からないのではないのかと最近感じます。 なぜ、分からないと感じるのか、それは日本が安全な国家だからです。 以前、私は海外から来た人と話す機会がありました。 そこでなんで日本に来たの?と…

続きをみる

皆様は、LINEやTwitterなどのSNSはご利用になられているでしょうか? 私はアカウントこそ作ったものの放置しているものも多々あるのですが… 先日、私の元にショートメールで「お客様のTwitter認証番号は何何です」と、6桁の数字が記載されたメッセージが…

続きをみる

先日、乳幼児の怪我についてのお話を聞きに行く機会がありました。 子どもというのは、大人が予想もしていない動きをしますし、動けないと思っている赤ちゃんがある日突然寝返りができるようになっていたりで、親としては嬉しい反面、安全対策をしっかりしないといけなくなります…

続きをみる

仕事をしているとなかなか体を動かす機会が減ってくる、もしくは全く動かさない、という人もいると思います。 まずい!と感じている人ほどいきなり走り込みをしたり過度な筋トレをしたり、危険な運動方法を行いがちです。 テレビでもウォーキング・フットサルなど、いろいろ身近…

続きをみる

仕事でも何でも、安全第一に考えて無理をしないという人もいます。それとは反対にあえて危険を承知で何事かに挑む人もいます。どちらを選ぶにせよ。そこに内包する危機がそれを行う前から分かっていたら、それはもうすでにリスクではないのです。 つまり、リスクとはそれが起こる…

続きをみる

安全、安全と口では安全という言葉をよく使うにもかかわらず、多くの人は安全とは何かと聞かれると多くの場合は危険ではない状態とか辞書的な意味を答えます。しかし、それでは言葉の意味は確かになんとなく分かったつもりになることはできるかもしれませんがただそれだけです。 …

続きをみる

皆さんは普段からどれだけ安全について考えていますか?考えているという方はどれくらいいらっしゃるでしょうか? 私の場合、安全については、なるべく意識的に考えるようにしています。どうして意識的になのかというと、そうしなければ、人間はなかなか安全ということに対して考…

続きをみる

会社にとって、社員の皆さんが安全で、安心して働いていただくことが重要です。 皆さんが安全に働くには、一人ひとりの安全が必要不可欠です。「1人くらい」などと考えてはいけません。 例えばの話ですが、仕事中に何らかの事故により、欠員が一時的に出たとします。その場合、…

続きをみる

今日、朝あいさつを交わした同僚は何人いますか?その同僚の中で鼻毛出てる同僚はいませんでしたか? ひげの剃り残しがある同僚はいませんでしたか?朝ごはんで服を汚してる同僚はいませんでしたか? もしかしたら、今の話の中で「自分が当てはまってしまうかも、もしかしたら」…

続きをみる

仕事には、何事にも期限のいうものがついて回ります。私たちも毎日、期限を意識して時間に追われています。 一方で、仕事には求められる成果というものがあり、成果の伴わない仕事には意味がありません。時間制約がある中で成果を上げ、お客様の信用を得て次の仕事の受注に繋げる…

続きをみる

安全に作業することは、どんな仕事においてもとても重要なことです。現場でのケガや事故についてだけでなく、顧客や業者とのトラブルもある意味では「心の安全」を脅かしますし、安全管理を怠ったがために生まれた小さなミスが、大きな損失を生んでしまうこともあります。安全管理…

続きをみる

先日の休日、お隣からお母さんと男の子の言い争う声が聞こえてきました。 男の子は何かを外せと要求し、お母さんは危ないから駄目だと反対している様子です。 そっと窓から覗いてみると、お母さんと男の子の間には、補助輪付きの子供用自転車がありました。 お隣の男の子は小学…

続きをみる

事務仕事、重たい荷物の上げ下げなどをし続けていると男女共に誰かしら通る道があるのをご存知ですか? 知ってる方などいらしたら手を上げて欲しいです。 有難うございます、それは腰痛です。 俺は大丈夫!私は大丈夫!とまだまだ若いからと油断をしていると、それは突然あなた…

続きをみる

皆さんの日々の睡眠時間はどのくらいでしょうか?日本で働く人間のほとんどが、6〜7時間と答えており、全体のおよそ6割の社会人と言われています。 さて、この6〜7時間というのは適正な睡眠時間なのでしょうか? それでは、世界規模のお話をします。世界的に見ると、日本で…

続きをみる

日本ではひと昔かふた昔まできれいな水と安全はただだと思われた非常に恵まれた時代がありました。しかし、現在ではきれいな水がペットボトルに入れられ販売されているのを不思議に思う人がいないのと同様に安全もお金を払うのが当たり前になるということが前々から気づいていた人…

続きをみる

今日の朝礼では私が健康管理で心掛けていることについてお話します。 社会人の基本である自己管理。健康であることが働く上で一番大切なことだと思っています。 何事も体が資本です。 安全に働く為には健康な体づくりが大切。私は特にバランスのよい食事と適度な運動を 心掛け…

続きをみる

 新しい作業を行う際、はじめは慎重に行うので事故やミスなく安全に作業すると思いますが、そのうち、作業に慣れてしまい、ミス等をしてしまったことは、作業に携わる人であれば一度はあると思います。  自分もそうでした。自分の経験上、そのようなミスが出る時期は、作業を始…

続きをみる

今日は、安全について、お話させていただきます。 辞書を引くと、「安全」とは、 あぶなくないこと。また、無事であること。 と載っています。 例文として、安全な場所に避難する。安全運転。とあります。 今、職場で、安心して、お仕事できるということは、 安全だからです…

続きをみる

コピー用紙で手を切ってしまったという経験があります。何気なく手に持っているだけなのに、ほんの少し角度が変わっただけで、びっくりするほど鋭利なものに変わってしまいます。これはちょっとした事故です。 いつも何気ない会話をしている同僚に冗談のつもりで言った一言が原因…

続きをみる

安全に作業することは、どんな仕事においてもとても重要なことです。現場でのケガや事故についてだけでなく、顧客や業者とのトラブルもある意味では「心の安全」を脅かしますし、安全管理を怠ったがために生まれた小さなミスが、大きな損失を生んでしまうこともあります。安全管理…

続きをみる

今朝、ここに来る途中、私は女学生さんと曲がり角でぶつかってしまいました。遅刻してしまいそうだったのでしょうか。走り去る彼女を見送ってふとぶつかったあたりに手をやると、私の服には食パンのジャムがついていた・・・。 というのは冗談ですが、皆さんの頭の中には情景が思…

続きをみる

よく言いますよね。安心と安全をお届けしますって言葉。 そういう言葉を耳にするたび、どうも説得力がないなって思うんですよね。 なぜかって言うと、どう安心で安全なのかがわからないからです。 そこで僕らがどういうものに対して安心や安全を感じるのか考えてみたんですよね…

続きをみる

安全は日常にあふれています。しかし、それは誰かが提供してくれたものです。 例をあげれば水の安全、交通の安全、住宅の安全など、これらは人々の仕事によって提供されているものです。 日々の業務の中で繰り返される安全確認、点検、修繕によって維持されています。 これらの…

続きをみる

学生時代に教授に聞かれたのが「安全と安心の意味って同じだと思う?」ということでした。当時の私は「ほとんど一緒なのでは?」と答えたのですが、実は似て非なることだと知ったのです。 安全に関しては「自分達が注意をすれば基本的には達成できること」という意味です。自分達…

続きをみる

最近、子どもの安全について考えることが多くあります。 小さな子どもは、大人が思ってもいない動きをして怪我をしてしまうことがあります。 大きな怪我をしてから、「あのとき、もっと気を付けていれば」と後悔するのは遅すぎます。 そこで、日頃からの安全について考えてみる…

続きをみる

我が家では、小さな子どもがいるため、家の中の安全について考えることが多くなってきました。 普段、何気なく使っているところでも、子どもの目線になってみると、転けたときに尖ったものがないか、上からものが落ちてきたときに頭に当たって痛いものはないか、など、自分の目線…

続きをみる

安全を考えた時、思い浮かぶのは車を運転している時です。 高齢者ドライバーが多くなり、自分がいくら気を付けていても巻き込まれてしまう恐れがあるからです。 どうしたら事故は防げるのか?と考えた時、譲り合う精神が必要になります。 人間はミスをする生き物ですが、どうし…

続きをみる

日本のサラリーマンは通常会社に通勤して仕事をしています。今は在宅勤務も増加していますが、それでもほぼ大半の人は会社に通勤していると言えます。 遅刻しそうな朝の通勤時、信号無視や踏切をギリギリで横断してしまったという経験は誰にでもあるでしょう。電車であれば駆け込…

続きをみる

大学受験において確実かつ安全に合格できる受験校のことをすべりとでめという表現を使ってあらわすことがあります。予備校などがやっている模擬試験では志望校判定なるものがあり、上からA、B、C、D、E判定が出ます。それに受験科目が足りない場合にもう一つありますが、ここ…

続きをみる

日本という国は世界から見るとけっして安全な国とはいえません。もちろん、この安全ではないといっても治安が悪いとか、そういう意味の安全ではないということはではなく、日本は大地震が必ずおこるので、それを指して安全ではないといっているのです。 首都圏直下型地震、東海地…

続きをみる

安全な投資と存在するのでしょうか。 株式投資は常にリスクと隣りあわせなので、安全な投資先などないと思っている人は多いのかもしれません。確かにPERが100倍を超え、PBRも10倍を超えるようなイケイケどんどんの値上がりをみせる会社の株式をこれから購入するという…

続きをみる

日本語にはいろいろな挨拶があります。 たくさんの海外からの観光客や仕事関係の相手、一緒に仕事をする仲間。 どんな人であっても、挨拶の言葉ひとつで笑顔が生まれるのではないでしょうか。 笑顔は緊張をほぐして、協調する心を導いてくれるという素晴らしいツールでもありま…

続きをみる

仕事をする際には、未来がどうなりそうか?という想像力を上手く発揮できると、画期的な商品やサービスを作ることができます。 想像力というのはビジネスにおいて非常に重要な要素と言えるのです。 そして、この想像力というのは日ごろの生活の中における安全面に関しても重要な…

続きをみる

「安全」というのは、100%を実現することはおよそ不可能でしょう。 しかし、その100%に近づけるための努力をすることは可能で、そういった努力をしないでいると人は後悔することがあると思うのです。 安全を怠った場合、取り返しのつかない事態を招くことがあります。 …

続きをみる

先日、66歳の母がお風呂場で転んでしまい指を骨折しました。 不幸中の幸いで骨折以外の怪我はなく、手術をすれば1ヶ月程度で治る程の怪我ですみました。ですが、母は病院嫌いなところもありまして、手術なんて受けなくてもいい!というタイプなので、自然治癒で全治4ヶ月とい…

続きをみる