【名言格言】 カテゴリーの例文

 

人間と動物の違いを人は、理性がないかといわれることがです。 しかし、私はこの言い回しに毎回納得できずにいました。 「人間と動物のちがいは?」という問いに、「人を許せるか許せないか」という回答を高校時代の現代文の教科書で見つけたのを覚えています。この回答に私は、…

続きをみる

みなさんは「あいさつ」についてどう思っているでしょうか。 子どものころは学校や親、地域の人からあいさつするように言われてきたものと思います。 かく言う自分も、特に商売をやっていた父親からはあいさつと返事は必ずするように言われ続けました。 子どものころはそれが正…

続きをみる

皆さん、おはようございます。 また新しい1日がやってきました。 健康に留意し、今日も1日頑張って参りましょう。 身体と心は表裏一体です。どちらかが欠けてもダメです。 例え健康な肉体があれども、精神が病んでいては健康とはいえません。 私達は皆が支えあい、助け合い…

続きをみる

尊敬する人物かといえば、微妙ですがリチャード三世について話します。実に興味深い人物だからです。 シェイクスピアでおなじみの、イングランド王のリチャード三世は長らく悪役として語られてきました。いわく、兄を殺した、幼い甥たちを殺したなどです。 しかし近年の検証によ…

続きをみる

皆さまおはようございます。今朝は元プロ野球選手のイチローさんのお話しをしたいと思います。 ご存知の通り輝かしい実績はもちろんそのストイックさで野球に向き合う姿勢が多くの人に感動を与えており私もたくさん見習うところがあると思ってます。 イチローさんが現役時代に良…

続きをみる

私が映画が好きなので、今回はウィル・スミスさんの言葉を紹介したいと思います。 先にウィル・スミスさんの映画で皆さんは何が好きですか? 私は「メン・イン・ブラック」が好きです。 簡単に説明しますと宇宙人から地球を守る黒ずくめのエージェントのお話です。 あのアクシ…

続きをみる

わたしが以前いた職場の先輩に聞いた話で、今でも心に残っている言葉があります。 それは「ありがとうの反対はあたりまえ」です。 はじめに聞いたときはピンとこなくて、「ありがとう」の反対は「どういたしまして」とか「ごめんなさい」とかかな??と思いました。 しかし「あ…

続きをみる

「不易流行」は松尾芭蕉が表した、俳句を作る際の理念、つまり根本的な考え方のことです。 俳諧を論じた「去来抄」の中で、 「不易を知らざれば基立ちがたく、流行を知らざれば風新たならず」と芭蕉は言っています。 「不易」とは変えてはいけないもの、「流行」は逆に変わらね…

続きをみる

不易流行とは俳句に作るに当たっての心得です。 不易とは変わらざるもの、流行とは変わるべきもの、という意味です。 つまり良い俳句を作るには、まずは基本の俳句をしっかり身に着けなければなりません。 それは長い俳句の歴史の中にある先達の遺作に学ぶことになりますが、 …

続きをみる

おはようございます。 本日は我々ビジネスマンの中でも特に大きな成功を収めた実業家、松下幸之助氏の名言を引用してお話をしたいと思います。 その名言とは、「人と比較をして劣っているといっても、決して恥ずることではない。 けれども、去年の自分と今年の自分とを比較して…

続きをみる

中学生の時の話です。 私はあみだくじで、誰もやりたがらなかった体育委員に 選ばれてしまいました。 体育委員は先生も厳しく、体育の授業で大変な仕事を多く任されるため、やりたくないと思う人しかいませんでした。 そんな体育委員になってしまったことが 私はとてもショッ…

続きをみる

プリンシプルという英語をご存知でしょうか。原理・原則という意味です。 日本の米軍統治時代、吉田首相の下で活躍した白洲次郎は、日本にはプリンシプルがないと嘆きました。 それは日本の政治家や官僚の言動や、それに対するマスコミの報道姿勢や報道内容の的外れなことへの批…

続きをみる

今回、世界デビューを果たしたバンドX JAPANのリーダーであるYOSHIKIさんの言葉に心を打たれるフレーズがあったのでご紹介いたします。 「たかが努力じゃないですか。努力すればできるんですよ。じゃぁ、努力すればいいじゃないですか。」 みなさんはこの言葉を聞…

続きをみる

他人は自分を表す一番の正確な鏡だよ。私は幼いころから母にそう言われてきました。 先日の出来事ですが、駅の改札を過ぎたところで落とし物をした人がいました。落としたものがカードのようなものに見えて定期やクレジットカードでは困るだろうと思い、慌てて大きな声でカード落…

続きをみる

「ゲッターズ飯田」という占い師をご存じでしょうか? 一時期テレビにもよく出ていた有名占い師ですが、 先日友人からゲッターズ飯田のラインをオススメされて 久しぶりに名前を聞きました。 「毎日格言のようなメッセージがラインで届く」ということだったので 私も実際に登…

続きをみる

私たちは普段の生活でも仕事でも失敗をしないように気をつけて行動しています。 仕事においての失敗は直接チームやお客様に迷惑をかけてしまうことになるのでそんなことにならないように慎重に慎重を重ね、何度も見直し、緊張感をもって取り組むことになります。 しかし人間です…

続きをみる

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉があります。 愚かな人間は自分で失敗を経験しないと学ぶことが不可能、賢者は過去に他の人たちが経験してきたことを見て学ぶことができるという意味で、後者の方が優秀であるというような意味合いで使われることが多いです。 …

続きをみる

投資で大事なこととはどのようなことでしょうか。 そのように考えると多くの書籍にはまず「投資を早くから始めることだ。」という風に書かれているかもしれません。それは正しい意見ですが、どうしても抑えなければならないことではありません。 私は今の答えは一番目に重要なこ…

続きをみる

みなさん、今の生活に満足していますか? 4月から新生活を迎えた人は、慣れてきて落ち着いた頃だと感じる人もいれば、刺激がなくなりつまらないと感じている人もいるでしょう。 今の状況に満足している人もいれば、不満足に感じている人もいるでしょう。 そんな人々がいる一方…

続きをみる

社会人として生活していると大なり小なりミスを定期的にすると思います。 特にとがめられることもない小さなミスをするときもあれば、クリティカルな大きいミスをしてしまうこともあると思います。 ミスをした時にどうするかというのがその人で大きく変わると思います。 こうい…

続きをみる

皆さんは、「クラーク博士」をご存知でしょうか? 1876年に「札幌農学校」を開校して初代教頭を務めた、アメリカ出身の教育者です。 彼は日本の教育史上、おそらく最も有名な言葉を残しています。 『少年よ大志を抱け』 彼の名前は知らないけどこの言葉は知っている、とい…

続きをみる

「上善如水」という言葉があります。古代中国の哲学者・老子の言葉で、最上の善は水の如しと読みます。 最上の善とは争いのない生き方だそうで、出世や金儲け、権力や名声の為に争う事の愚かしさを説いています。 水は高みから流れ下り、低い所に溜まります。 人の行き方もそん…

続きをみる

社会人として長く働けば働くほどマンネリ化、やる気の喪失、惰性など社会人としてのだらけが出てきます。 人間は慣れる生き物ですから環境に慣れてしまえば甘えが出てくるのは皆同じ。仕方のない事です。 ただし、ここで2種類の人間に分かれると思います。 一つはそのまま惰性…

続きをみる

私(僕)が出勤の際に通ってくる道に、桜がきれいな道があります。 4月の満開の時期にはわざわざ電車に乗って、遠くから見に来る人もいます。ネコもしゃくしも上を見上げて「うわあ~。きれいねえ」と言っていたり、スマホで撮影をしたりしてました。 でも、5月になった今は誰…

続きをみる

「Everything happens for the best」この言葉は私が社会人として働く傍、学生として学業に勤しんでいた際、心理学の授業内で出会いました。さまざまな訳し方があるそうですが、「全ての物事は最良に向かって起こる」と教えてもらいました。  当…

続きをみる

ビジネスでは他がやらないことをやるべきだということが言われます。 そういった場合には、独創的な意見やアイデアを出すべきという思いになる人が多いと思いますが、独創的なアイデアというのはなかなか難しいものだと思います。 自分が独創的なアイデアだと思ったものが、実は…

続きをみる

誰もが知っているスティーブ・ジョブズは生前に「どんなマーケティングでも、駄作はヒットさせられない」という格言を残しています。 これはマーケティングの努力によっても、絶対にヒットさせることができない商品、サービスがあるということを表しているのです。 そして、結果…

続きをみる

先日、読んでいた小説の中に「岡目八目」という言葉があって、意味が解らなくて調べてみました。 それは、何かある事に当たっている当事者より、その事に直接関係がない傍に居る第三者の方が、 その当事者の状態や置かれている状況などを冷静に客観的に、そして正しく把握できる…

続きをみる

「『天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず』と言えり。  されば天より人を生ずるには、万人は万人みな同じ位にして、生まれながらに貴賤上下に差別なく、」 福沢諭吉が書いた「学問のすすめ」のこの書き出しは、天下万民皆平等を表す言葉として世に知られています。 しか…

続きをみる

皆さん、仕事が終わった後、どうされていますか? 時間があるとき、よく書店へ行きます。 どんな本が流行しているか確認していますので、そのときに感じたことをお話しします。 スピリチュアルや引き寄せとか成功の法則など自己啓発の本が良く見かけます。 おそらくですが、ラ…

続きをみる

皆さんは「敵を知り己をしれば百戦危うからず」という言葉をご存じでしょうか。 あまりにも有名なのでご存じの方も多いと思います。 これは兵法で有名な中国の孫子という人物の言葉です。昨今孫子の兵法をビジネスでも応用しようとう書籍が立ち並んでますのでこれを機にご紹介さ…

続きをみる

これは坂本龍馬の言った言葉の一部です。 その全文は「事は十中八九まで自らこれを行い、残り一、二を他に譲りて功を成さむべし」というものです。 会社での仕事に置き換えてこの言葉の意味を解するなら、 「仕事の80~90%まで自分がやったら、後の10~20%は残してお…

続きをみる

祖母が生前よく申しておりました。 「してあげる。とさせてもらう。の違いわかるか? してあげる。はあげてしまうのや、だから何も残らへん。 でもさせてもらう。はもらうんや。だから全部こっちに返ってくる。」と。 どんなに人のためにいいことをしても「してあげる」なんて…

続きをみる

発明王エジソンの有名な言葉です。あなたはこの言葉の意味をどう捉えていますか?  天才といえども努力なくして天才たることはできない。だから努力は尊いのだ。 私は単純にそういう意味に解釈していました。 そうだ、ボンクラの私でも努力を惜しまなければ・・とこの言葉を日…

続きをみる

本日は、私の好きな言葉を紹介させていただきます。 私は「人間だもの」で有名な、相田みつをさんを尊敬しています。 相田さんはたくさんの感動する言葉を残されていますが、その中でも私が印象に残った言葉です。 その言葉の始まりは 「花はただ咲く ただひたすらに」 この…

続きをみる

「天災は忘れた頃にやって来る」という、有名な格言があります。あるいは「天災は忘れた頃に来る」とも言うようです。 皆さんもどこかで見たり聞いたりしたことがあるのではないでしょうか。 これは物理学者で随筆家でもあった寺田寅彦の、残した言葉だと言われています。 私は…

続きをみる

元マイクロソフト社長の成毛眞さんは、読書をしない人を「サルである」と述べられています。 成毛さんは読書家で、日経新聞の記者から「超並列読書」と評されるほど多読されています。 自室、リビング、通勤途中、仕事の休憩中や空き時間など、隙間時間を利用して読書の時間に充…

続きをみる

私はことわざや格言・名言のたぐいが好きで、格言カレンダーを家のトイレに飾っています。 1年の初めにカレンダーを壁に下げる前に、全部めくって12個の格言を読んでしまいます(笑)。 知っている格言もあれば、初めて聞くので意味が分からない格言もある。業者さんにお願い…

続きをみる

Boys,be ambitious.この有名な言葉を知らない方はまずおられないでしょう。 欧米に追い付こうともがいていた明治の日本に招聘されて、札幌農学校、今の北海道大学で教鞭を執ったアメリカ人・クラーク博士の言葉です。 これから日本を背負って立つ日本の若者に…

続きをみる

今日は「逆に考える」ということについてお話したいと思います。 「先日ある、ある部屋に入ろうとしたところ押してもドアが開きません。どうしたことかと引いてみますと簡単に開きました。「押してダメなら引いてみな」という言葉の通りです。 ここには発想の転換があるのですが…

続きをみる

みなさんは、コンプレックスをお持ちでしょうか? 先日、私の実家である大阪に帰省し、その際に旧友たちと久しぶりに会う機会がありました。 昔話に花を咲かせてひと段落すると、彼らは口を揃えて私のおでこが広くなったと言いました。 32歳というまだまだ敏感な年齢です。私…

続きをみる

「部下に働いてもらうコツのひとつは、部下が働こうとするのを邪魔しないようにするということだ」 これは経営の神様として有名な松下幸之助の言葉です。 私は自分なりにこの言葉の意味を考えてみました。 その1.目的に達する道はいろいろある。 仕事にはもちろん一つの目的…

続きをみる

幕末、江戸徳川幕府の幕臣・勝海舟は、江戸攻撃をしようとする官軍を率いる西郷隆盛と交渉し、江戸城無血開城によって江戸の町を戦渦から救いました。 幕臣としては少々変人の域に入っていたこの人は、数々の名言を残しています。 曰く「生業に貴賤はないけど、生き方に貴賤はあ…

続きをみる

会社内で出世をするといえば、係長・課長・部長と役職を与えられることです。それでは何によってより上位の役職が与えられるのでしょう。 人柄、人気、上役の受け、などなどいろいろ要因はあるでしょうが、やはり一番の要因は業績・功績です。 常に業績を上げ、功績がある人、即…

続きをみる

今日は私の好きな言葉を皆さんに紹介させていただきたいと思います。 私自身が、悩みや困難にぶつかったときに唱える言葉です。 それは、ある農業機械の会社の、新聞広告の最後にあった言葉です。 「壁がある、だから、行く。」 この壁はもちろん例えであって、難しいこと、困…

続きをみる

あの有名な起業家のスティーブ・ジョブズは「最も重要な決定とは、何をするかではなくて何をしないかを決めることだ」という言葉を残しました。 リーダーとしての存在である彼ならではの名言だと言えますが、会議などで何かを決定するための議論をするとき、私たちは何をすべき?…

続きをみる

「為せば成る、為さねば成らぬ。何事も成らぬは人の為さぬなり」この名言を言った偉人を知っていますか。 この名言を遺したのは、江戸時代に活躍した米沢藩藩主の上杉鷹山(うえすぎようざん)です。 上杉鷹山は江戸時代中期の頃に活躍した方で、米沢藩の藩主をしていました。 …

続きをみる

「そこの山があるからだ」という言葉を知らない人はいないでしょう。 これはイギリスの登山家・ジョージ・マロニーが、新聞のインタビューで発した言葉です。 この言葉の一般的な理解は、「なぜ、あなたは山に登るのか?」という問いに、「そこに山があるからだ」という哲学的な…

続きをみる

最近、クトゥルー神話が一般的になってきましたね。 若い人の中でも、クトゥルー神話をモチーフにしたアニメやゲームが楽しまれているとのことで、楽しいことだと思います。 クトゥルー神話の原作者といえるラブクラフトは、「宇宙的恐怖」という名言を残しました。 この、宇宙…

続きをみる

最近、小学4年生になる姪が、友達から無視をされることで悩んでおり、その悩みを姪から聞いた時に、私が中学生の時に影響を受けた名言を思い出したので、そのことについて話したいと思います。 私は小さい頃から、2つ年上の姉がいる関係で、姉の友達とも仲が良く、中学校に入学…

続きをみる

私には、社会人になってからずっとモットーにしている言葉があります。それは「よく遊びよく働く」という言葉です。 社会人になってしばらくして思ったことに、仕事が大変だということと、だんだんとプライベートを充実させる余裕が無くなってきたなということがありました。 就…

続きをみる

「情けは人のためならず」という言葉の本来の意味を正しく理解している人はどのくらいいるでしょうか? 10年ほど前に他社で従業員に問いかけたところ、50人中正解者はわずか6名でした。昨今では日本語の誤用に関する報道が増えているせいか以前よりは正解率は上がっていると…

続きをみる

先週の皆さんの頑張りで、無事決算書が完成し、先年度は非常に業績が好調であったことが証明されました。 1年間頑張っていただいた皆さんに大変感謝します。 普段であれば不足した点や今後の展望についてお話しするところですが、今日は個人的に好きな言葉をお話しします。 私…

続きをみる

本日は、私が仕事を行う上でとても大事にしている格言を皆様に紹介したいと思います。本日紹介する格言は、誰もが知っているショッピングチャンネルの株式会社ジャパネットホールディングス元社長、高田明さんの心情でもある格言です。 ジャパネットホールディングスは従業員数約…

続きをみる