【スポーツ】 カテゴリーの例文

 

今年の甲子園の高校野球はコロナウィルスの影響で中止されました。 100年以上を誇る歴史の中で大会が中止されたのは、大正7年に起きた米騒動と、昭和16年の戦争の拡大による2回だけで、今回が3回目です。 ところで、甲子園というと風物詩になっているのが、負けたチーム…

続きをみる

日本では、野球というスポーツは非常にメジャーですが、この野球に関しては他のスポーツと明らかに違う部分が存在します。 それは選手以外の人たちもユニフォームを着ているということです。 厳密に言えばソフトボールもそうなのですが、日本または世界に存在するスポーツの中で…

続きをみる

我々団塊ジュニアの世代にとって、中学や高校、大学の部活動に関しては根性論がまだまだ当たり前の時代でした。今ではありえないような水を飲まない、休憩をしない、場合によっては罵倒や暴力もあると言うような時代。 我々団塊ジュニアの世代にとって、中学や高校、大学の部活動…

続きをみる

スポーツにおいて、気持ちが昂ること、燃えることはいいことだと思っている人が多いと思います。 しかし、そういった状況というのは実はデメリットが生じているのです。 気持ちが昂っている状態というのは、別の言い方をすると冷静ではないということです。 冷静ではないという…

続きをみる

現在の日本は健康が流行になっており、多くの人がスポーツに親しんでいます。 スポーツの中で、老若男女を問わずにできるのが「ゴルフ」です。 ゴルフの発祥には諸説がありますが、有力なのは12世紀にイギリスのスコットランドで始まったという説です。 スコットランドの羊飼…

続きをみる

本日朝礼でお話することを考えておりましたが、あまり難しい話もどうかと思い、私の好きな野球の話をさせて頂きたいと思います。 私は、小さいころからジャイアンツファンです。と言っても野球人として尊敬している方のお話をさせて頂きます。 皆さん既にご存じかと思いますが、…

続きをみる

「ドーハの悲劇」という出来事は、サッカーファンならば誰もが知っているでしょう。 これはワールドカップ初出場がかかっていた当時の日本代表がイラクとの試合において、勝利目前で同点に追いつかれ、初出場を逃したというシーンです。 ワールドカップ初出場という悲願がいよい…

続きをみる

スポーツではたびたび「捨て試合」という言葉を聞くことがあります。 これは何か?というと、試合を行っていくうえで今日は自分たちのチームが負けるだろうというある種の確信があったときに、無駄な試合運びをしないことを意味します。 例えば、野球において自分たちのチームが…

続きをみる

皆さんおはようございます。今日はスポーツとファン、そして観客の関係について最近感じたことをご紹介したいと思います。 コロナウィルスの影響もあり、ようやくプロ野球が開幕しました。しかしながら当面は、観客の人数も限られた形で試合が進行することになります。今でこそ5…

続きをみる

おはようございます。 皆さん、今日も時間通りに出社して偉いですね。 私はマイペースなので5分前に到着しました。 慌ててこの場に立っています。 私は仕事もギリギリなので終わるのはいつも定時ギリギリ。 皆さんはそんなことのないように余裕持った方がいいですよ。 まぁ…

続きをみる

プロ野球、ジャイアンツの原監督は誰しもが知る有名な監督だと思います。 優勝経験のある監督としても有名ですが、皆が思いもよらない奇策で神采配と呼ばれる試合があった事をご存じでしょうか。 まず思い浮かぶ試合が、2002年6月18日の横浜戦の延長11回表の場面です。…

続きをみる

ワールドカップなどのサッカーの国際大会で、通常代表チームに選出される ゴールキーパーの人数をご存知でしょうか。それは「3人」です。 11人でやるサッカーの中でも1人しか試合に出場できないゴールキーパーで、 多くても全6~7試合の国際大会の間に3人目のゴールキー…

続きをみる

かつてサッカーイタリア代表としてワールドカップに出場したロベルト・バッジオ選手は決勝でPKを外したことがあります。 その後彼は何と言ったか?というと、「PKを外すことができるのはPKを蹴る勇気を持ったものだけだ」という言葉を残したのです。 多くの人は、「ただの…

続きをみる

私は、野球が好きです。特に今日は野村克也監督の話をします。 野村監督はテスト生として南海ホークスに入団。テスト生なので 契約金などありません。いつ解雇になっても不思議でない境遇の中で、 徹底的に選手のしぐさや動作を研究し、やがて名捕手として そして王、長崎とと…

続きをみる

スポーツでは当然ながら勝つことが目的で取り組むことになるので、いかに勝利できるか?という点を極めている人が多いでしょう。 そして、その過程では勝利に対して非常に執念を燃やしている人もいるはずです。 心を燃やして勝利を目指しているような人、熱い心を持ってプレーし…

続きをみる

スポーツは仕事の効率をあげる効果があることを知っていますか? デスクワークをしていると、スポーツは関係ないと思うかもしれませんが、実はそんなことはないのです。 スポーツをすると、脳が活性化することがわかっています。スポーツは1人ではやりません。対戦相手がいて、…

続きをみる

成功する人は、失敗を仮にしたとしても、その中にきちんと意味を持たせることができます。 あの有名なプロ野球選手だった長嶋茂雄氏は、三振をしたときに特にこだわりを持っていたとされているのです。 それは豪快にスイングをして、相手投手に恐怖心を与えるということです。 …

続きをみる

今日は私が大学生の頃、心理学の授業で先生がおっしゃっていたことをお話したいと思います。 皆さんはなぜ「練習」が必要だと思いますか。強くなるため、ライバルに勝つため、など理由はさまざまだと思います。その練習には2通りの方法しかないことをご存じでしょうか。 1つ目…

続きをみる

皆さん、苦手なことはありますか? 考えるだけで暗い気持ちになること、昔から苦手意識がありやりたくないこと。 誰でも一つや二つ、そんなことがあると思います。 でも、ちょっと待ってください。 それ、チャンスの塊かもしれませんよ。 私は子供のころから水泳が本当に苦手…

続きをみる

仕事に限らないことですが、失敗に失敗を重ねてどん底の状態というのが、人生ではあるのではないでしょうか? そういった状況になると、人はたいてい落ち込み、ショックを受け、立ち直るのが大変です。 しかし、あの長嶋茂雄さんはプロ野球選手としてのデビュー戦は4打席4三振…

続きをみる

今日は、みなさんもよく知っているメジャーリーガーの大谷翔平選手についてお話させていただきたいと思います。 彼は、二刀流で知られるとても素晴らしいプレイヤーですよね。しかし、ただただ才能だけでここまでの選手になれたのでしょうか。 努力の天才というよりは、努力の仕…

続きをみる

本日の朝礼のテーマ「2020年東京オリンピックで注目している種目」についてお話ししたいと思います。 私が注目している種目はたくさんありますが、全部を話していると時間がかかってしまいますので、特に見たいものを2つに絞って発表したいと思います。 まず1つ目は野球で…

続きをみる

人は自分が失敗をしたとか、そういう状況をなかなか認められないものです。 自分の落ち度、能力のなさを認めるということが難しいと思うのです。 ただ、水泳で五輪金メダルを獲得したこともある北島康介さんは「負けを知ったとき、初めて勝つことができる」という言葉を残してい…

続きをみる

メジャーリーグで活躍するダルビッシュ有投手は、自分自身が常に練習に明け暮れていたということを語ったことがあります。 土日も、夏休み、冬休みも、友達が遊んでいるときも、自分は練習をしていたと、自信を持って話していたのです。 プロ野球選手になれた人も、そうじゃない…

続きをみる

私はあまり精神論が好きではありません。 気合でなんとかなると言う人もいますが、それだけでなんとかなるなら簡単です。 しかし、精神論を過剰に毛嫌いするのも違うかなと思います。 人間が頑張ろうと思ったり、努力をするのは気持ちがあるからです。 その部分で気持ちが足り…

続きをみる

息子が小学校のころスポーツ少年団でサッカーをしていました。そこでは大学生がコーチとして指導をしてくれます。 うちの息子はサッカーの技術はそこそこだけど、足が速いので一応スタメンで出ていました。ミスをしても負けずに挽回する姿は 褒めてあげるところだったと思います…

続きをみる

私は卓球の魅力についてお話しします。 卓球の観戦が好きな人はいますかと聞くとあんまりいないイメージがあります。 たぶん野球やサッカーのが見てて楽しいよっていう人が多いと思います。 それは否定しません。 だけど卓球も面白いんだよっていうのを伝えたいのです。 野球…

続きをみる

プロ野球が始まって早2ヶ月が経とうとしています。さて今年も恒例のセ・パ交流戦がが始まることになりますが、今年はどの選手が、あるいはどのチームが良い成績を残すことになるでしょうか。今では当たり前のように行われているセ・パ交流戦は、実はそれほど歴史があるわけではな…

続きをみる

今回のテーマは、先日発表があった読売東京ジャイアンツの上原こうじ投手についてです。 その前に、上原投手には、4さい年上のお兄さんがいます。 そのお兄さんは、小学生のころから地元では有名な野球小学生だったのです。 しかし、中学のころ、軟式野球から、硬式野球に変わ…

続きをみる

私が好きなスポーツは、バスケットボールです。 実は、私は大学生になるまでは、体育の授業は苦手意識が強かったです。 体力測定で自慢できるものもなく、スポーツの技術もそれほど良くなかったです。 しかし、大学での体育の授業でバスケットボールをしたとき、シュートの練習…

続きをみる

皆さんスポーツをしたり、テレビ現地問わず感染するのは好きでしょうか、私は好きです。 やはり見ていて熱くなれますし、スポーツを見てると心が躍るものです。 どんなスポーツを見ていても世代交代というのはあると思います。 全盛期を築いた選手を若手が追い越していく、それ…

続きをみる

実家に帰省した時のことです。 地元の友人たちに誘われ、ナイターソフトボールに参加しました。それは、地元では毎年地区対抗で行われるリーグ戦です。 もともとその時限りの人数合わせとしての参加だったため、当初私は軽く考えていました。 ソフトボールを利用した地区の交流…

続きをみる

シアトルマリナーズの菊池雄星投手は、埼玉西武ライオンズに入団した高校1年目の頃に「1年目だから仕方ないでは活躍できない」という言葉を残しています。 高校時代から甲子園で活躍し、鳴り物入りで入団した選手ではありますが、高卒1年目から活躍した投手というのは過去にそ…

続きをみる

私は元メジャーリーガーのイチローさんの考え方が非常に好きです。 彼はプレースタイルにおいて、あるこだわりを持っています。 それは怪我をする確率が高まるプレーは絶対にしないということです。 それが顕著に表れているのが、走塁の際のヘッドスライディングと守備の際の頭…

続きをみる

日本のプロ野球、メジャーリーグでいろいろな大記録を打ち立ててきたイチローさんは「びっくりするようなプレイが勝ちに影響を与えることは少ないが、確実にこなすべきプレーが確実にできるようなチームであればそれは強い」と言ったことがあります。 これは実は仕事においても同…

続きをみる

休日にテニスをするのが、最近の趣味です。 学生時代に硬式テニス部に入っていて、経験はありました。 しかし、社会人になってからやらなくなっていました。 テニスだけでなく、運動をあまりしなくなっていました。 このままでは体力が低下するし、健康を害するかもしれない。…

続きをみる

5月も中旬に入り、いよいよ暑さも増してきて汗ばむ陽気となってきましたが、皆さん体調はいかがですか?現場の方はもちろんのこと、事務所内の方も熱中症には十分気を付けて作業を行ってください。 さて、プロ野球も無事開幕を迎え、シーズンも真っ只中!5月終わりから6月にか…

続きをみる

プロ野球の話をします。 桑田真澄さんと清原和博さんは知っていますか? 野球をやっていた人はもちろん知っている二人だと思います。 野球を知らない人でも、この二人の名前は1度は聞いた事があるのではないでしょうか? 少し遡って、お話すると、桑田・清原、二人は同級生で…

続きをみる

体調管理のために、体を動かすようにしましょう。 私は最近、有名な鍼灸師の方に体をみてもらう機会がありました。 その時に教わったことなのですが、胃腸というのは、手足を動かすことで稼働するようになるということです。 胃腸の不具合は、全身の不具合につながり、そして、…

続きをみる

皆さんは、ルーティンという言葉をご存知でしょうか。 ルーチンワークなんて言ったりしますよね。 ルーティンというのは、一般的には、決まりきった手続きや仕事などを指す言葉で、「いつも同じことばかりしなくちゃいけないのか」なんて、ともすればネガティヴな印象を受ける言…

続きをみる

みなさんは体を動かしていますか。 軽い有酸素運動、たとえば、ウォーキングやジョギングをたしなむというのは、とても優雅で素晴らしいことです。 しかし、筋トレというと、躊躇してしまう人も多いですね。 私も昔は、筋トレは運動が得意な人がやるもので、運動音痴で体力もな…

続きをみる

私は社会人として、その前の一個人としてのあらゆる活動の源は、健康であることを前提としています。 例えば、病的疾患を抱えて一般的な社会活動を行うことは、まず、自分が抱えている疾患を治癒させてから社会的・経済的活動が継続できると思います。これは、誰しも同じ考え方だ…

続きをみる

みなさんはスポーツ観戦はしますか? 私それをど多くの競技を見たりしないのですが男女ともにバレーボールの観戦は好きでしています。 学校の授業でも実施されるので多くの方が経験したことがあるスポーツで、一般的にルールも広く知られているかと思います。 皆さんご存知の通…

続きをみる

皆さまは普段、体をどの程度動かしているでしょうか。 あまり運動が好きではないという人も一定数いるのではないでしょうか。 近年、バーチャルリアリティの世界が流行していたり、ゲームなど座ってできる娯楽が増えているので、運動をしなくても他にも楽しいことはたくさんある…

続きをみる

私は小学六年の頃から大学三年までずっとバレーボールをしていました。 一番力を入れていた時期は、高校の三年間です。 朝から晩までバレーボール漬けの毎日を送っていました。どんなに辛い練習でも続けてこれたのは頑張れば頑張った分報われるという言葉を信じていたからです。…

続きをみる

バラエティ番組を見ていて思った事なのですが 私の考えなので間違っているかもしれませんが お話させていただきます。 ある企画で都市伝説を検証するといった内容の番組でした。 テーマは 「マクドナルドでは雨の日はフィレオフィッシュがよく売れる」 というものです。 み…

続きをみる

皆さんはある限界を超えてしまうと物事は破綻してしまうことがあることを知って下さい。 例えば、マラソンですが距離は今では42.195kmと決まっていますが、マラソンは始まった当時は42kmとピッタリの距離でしたことはご存知でしょうか。 では、なぜ195mの半端な…

続きをみる

私が理想としている上司は部下を思いやれる上司です。 具体的にあげるとするならば、私はプロ野球が好きなので、プロ野球の監督で言うなら日本ハムの栗山英樹監督と、ソフトバンクの工藤公康監督です。 なぜかと言えば、栗山監督と工藤監督は試合で負けた時も余程の事がない限り…

続きをみる

後輩からこんなことを言われたことがあります。 スポーツ選手ってお金をもらいすぎじゃないですか? 僕たちの方が社会に必要な仕事をしているのに。 そのときに私はどう返せばいいか分かりませんでした。 たしかに、全ての人が必要なことじゃないよなと。 そのスポーツが好き…

続きをみる

私の長男は小学校1年生からサッカー始め、大好きで大学生の今でも続けております。 しかし、勉強は苦手で高校進学も心配するくらいの学力でした。それを知ってか知らなくてか中学時代の指導者は長男に対し、「お前は勉強が嫌いならサッカーだけやっていればいい、それで大学まで…

続きをみる

魔の水曜日が終わりました。 私たちの住んでいる場所では、プロ野球の「ソフトバンクホークス」のファンの方が多く、私の取引先にも結構なファンの方が、多いものです。 先に私は「魔の水曜日」と言いましたが、皆さんの取引先にも「ソフトバンクホークス」のファンの方がいらっ…

続きをみる

本日の朝礼の一言である「2020年東京オリンピックで観戦したい種目・競技」ということですが、ぱっと思い浮かんだ種目としては、野球、陸上競技の2つくらいでした。 まず、野球ですが、自分が野球好きであることが大きな理由ですが、長時間でゆっくり観戦でき、じっくりその…

続きをみる