【コミュニケーション】 カテゴリーの例文

 

営業で良い成績を収めるには、営業トークを磨いたりとスキルアップが必要と考えると思います。 向き不向きがあるとは思いますが、ある程度は努力で何とかなると思います。 契約をしてもらうための、戦略を考えるというのも大切です。 営業力を鍛えるにはどうすれば良いか。 企…

続きをみる

私は、人に仕事を教えたり、引き継ぎをするときに気をつけていることがあります。 それは、教えたつもりになっていないかを振り返りながら話をすることです。 接客業が長く、会話のなかで言葉がつまることなく話すことができるようになって、人見知りを克服したなと思えることが…

続きをみる

働く皆さんにとって職場の人間関係が一番の悩みだと思います。 人間関係は、人が生活していく上で絶対に必要なコミュニケーションです。 自分が良かれと思って言った発言も相手にとっては不快だったり、また相手から言われた言葉に傷ついてしまい、ネガティブな態度をとってしま…

続きをみる

オープニング店舗の準備には、たくさんのひとや設備、会社が関わります。それらを円滑に進めるには、計画と同じくらいコミュニケーションが必要になると感じます。 私はこれまで、2つのオープニングに関わりました。はじめは確か、飲食店でしたでしょうか。お肉が食べ放題の時間…

続きをみる

私たちの仕事で一番大切なことは、お客さんとの信頼関係を築くことと思います。 5W1Hを用いてお客さんから聞き出し理解することは、たしかに大事なことです。 しかし、なによりも良い聞き手になることがもっとも大事なことではないかと私は思います。 きっと、お客さんは話…

続きをみる

私たちは、いろいろな人と関りながら生活しています。 仕事面では、同じ会社で働く方や取引先の方と関りながら仕事を進めています。 私生活では、家族や親せき、友達などですかね。 コミュニケーションを上手く行うことにより、円滑に業務を進めることができると思います。 私…

続きをみる

これはいつも女性とご飯に行っているモテる友人から聞いた話です。 彼はいつも気になる女の子がいれば、声をかけてご飯やお茶をしに行っていました。なぜそんなにお誘いが上手くいくのだろうと、私も不思議でした。顔はたいしてかっこ良くもなく、特別背が高かったり、勉強ができ…

続きをみる

皆さんは、誰かと会話をしている時に、自分が嫌だな、と思っていることを言われてしまい、ムッとすることはありませんか? 例えばちょっと自分が気にしている部分について、言葉に出されたとしましょう。 「太った?」 「老けたね。」 「足が短いね。」 「目が細いね」などな…

続きをみる

私たちは、より多くの情報を得ることにより、仕事がスムーズに行くことが多くあります。 これは、仕事に限らずプライベートな空間でも同じようなことがいえます。 特に、初対面の方が良い例と思います。 そこで、相手からより多くの情報を聞き出すための手法として、「オープン…

続きをみる

私たちは、業務の中でお客様と折衝するなど、実際にお会いして業務を行うことが度々あります。 お客様の要望に応えられず、お願いしながら上手く調整していくこともありますよね。 お客様と信頼関係を築いていくためには、コミュニケーションが大事です。 コミュニケーション能…

続きをみる

日々の業務、ご苦労様です。 私はこの職場のメンバーをチームと捉えています。 チームは仲間です。 今日はチームのメンバー個人個人がそれぞれ仲間の体調やメンタルを気遣うことにしましょう。 となりの席のひとに、あいさつと同時に体調はどうですか? 心の調子はどうですか…

続きをみる

「どうしてこの仕事引き受けちゃったんだろう」と後悔した経験はありませんか。 ビジネスシーンにおいて誰かに頼ってもらえるというのは、本来ありがたいことです。 とはいえ、後先考えず請け負うばかりでは、いつまで経っても余計な仕事を抱えた現状から脱出できません。 幸い…

続きをみる

新しい環境に入った時など初対面の人と会うことはあると思います。 そんな時に何となくこの人とは合わないかもしれないなと思ったことが誰しも一度はあると思います。 人は見た目やしぐさ、最初の発言など踏み入ったことのない相手に対して、一定の評価を下して印象を決め打ちす…

続きをみる

褒めるとき、ついためらってしまうことはありませんか。 家庭にせよ職場にせよ、相手が子どもであれ部下であれ、褒めるというのは案外難しいものです。 下手をすればせっかく芽生え始めていた相手のやる気を削ぐかもしれませんし、時には反発を招いてしまう可能性だってあります…

続きをみる

こういったスピーチもそうですが、人前で話すことが苦手という人は案外多いのではないでしょうか。 またそれと同時に人前で話すのは苦手だけど人前でうまく話せるようになりたいと思っている人も多いです。 家族や友人などの親しい間柄や心を許せる人との会話では何の問題もなく…

続きをみる

家庭内でも仕事の現場でも誰かに「あれ」と言って理解してもらうことはないでしょうか。 例えば母さんあれ取ってと言ったり、後輩にあれやっといてというなどお互いの共通認識化における内容を簡易的に伝える方法として「あれ」という言葉は非常に便利です。 ただ便利であるがゆ…

続きをみる

本日も、会社に来られた方と最初にお会いする立場であることを肝に銘じて業務にあたりたいと思っています。 また、相手の方がどのようなことをお尋ねになっているのかを、お話を注意深く聞いて的確なお応えが出来るように努めます。 先日、ある会社に出向いた時に担当してくださ…

続きをみる

会社にとって重要なのは失敗した後にそれをどのように改善するか?成長へとつなげるか?という部分です。 たくさんの社員が働いていれば、少なからず失敗は生まれるはずです。 だから、失敗をするのはしょうがないと言えるのですが、問題はその原因が曖昧なまま終わってしまうこ…

続きをみる

あなたは、どんなときに怒りを感じますか。上司の態度が高圧的なときでしょうか。後輩が先に挨拶をしてこなかったときでしょうか。子どもがいうことをきかないときでしょうか。 怒りの原因を何か、誰かのせいにしたくなる気持ちはわかります。ですが、原因をそこに求めていたので…

続きをみる

イラッとしたときに、その怒りを爆発させないようにする衝動コントロール法はいくつかあります。が、知っていたところで中々実践できないという方は、多いのではないでしょうか。 「知識として頭にはあるけど、実践してる余裕なんてない」。それが大半の方の本音でしょう。では、…

続きをみる

カッとなってつい怒鳴った挙句、「どうしてあんなに怒ってしまったんだろう」と後悔した経験は、誰しも一度はあると思います。しかも、あとになって考えてみると、その原因の多くはびっくりするほど小さなことであったりします。 そんなとき、あなたはどうしていますか。自分は短…

続きをみる

聴き上手になりたいと思ったことはありませんか。 聴き上手のメリットとしては、とにかく人に好かれます。 プライベートで役立つのはもちろん、顧客や同僚、上司にも好印象を持ってもらいやすくなります。 スキルとして極めれば、カウンセラーを始めとする専門職も目指せるかも…

続きをみる

【名前のない家事】について、テレビなどでも話題になりましたので、ご存じの方も多いと思われますが、今日はこの【名前のない家事】について、私の考えも交えてお話ししていきたいと思います。 まずこの【名前のない家事】、具体的にどのような作業なのか? これは一例ですが、…

続きをみる

皆さん、普段相手を褒めたり、もしくは自分が褒められるというシチュエーションはありますか。 社会人になって仕事を始めてみると、周りからそんなこともできないの、当たり前のことがなぜできないのと言われることが多くなりました。その為業務をこなしても特に褒められることは…

続きをみる

人にはそれぞれ「こうあるべき」と考える価値観や信条があります。 たとえば「時間は守るべき」「順番は守るべき」といった「べき」は、多くの人に共通するものでしょう。 ですが、「べき」には人それぞれ「程度」が異なるという特徴もあります。 「職場に来客があったら挨拶を…

続きをみる

ビジネスコミュニケーションの一貫として報連相は皆さん若手の頃に研修したり、重要性を聞かされたかと思います。 ただ、本当に報連相かと聞かれた場合、若干疑問が残ります。 何故なら報は事後によるもの。「こういうことがありました」などを伝えること。 連も事後によるもの…

続きをみる

阿川佐和子さんの「聞く力」という本を読んで感じたことをお話ししたいと思います。 日常生活において、会話でのコミュニケーションは必要不可欠な手段です。 もちろん仕事においても同様で、営業など直接お客様と対面する職種にかかわらず、社内で円滑に仕事を進めるためにも、…

続きをみる

皆さんは、他の部署、他の会社の方と会議を行う際にどれだけ相手の名前を呼ばれていますか? 会議は、物事を決め、進める上で重要です。その会議には複数の方が参加されます。複数の方が参加されると言うことは、多くの方とコミュニケーションを取ることができる絶好の場となるの…

続きをみる

先日友人と食事に出かけたとき、夕飯をどの店で食べるかで悩んでいました。  私が提案した寿司屋や定食屋などはすべて却下され、頭に来た私は『じゃあ、お前はどこに行きたいんだよ!」とイライラした態度で聞いてしまいました。 するとそのときの友人はびっくりした顔で、おそ…

続きをみる

差し支えがあるので誰とは言いませんが、その人と話をしていると、私はイライラしてくるのです。 先日もこんなことがありました。 私が運転する車にその人を乗せてとある場所に行きました。ここでは判り易いように市立病院にしておきましょうか。 その時はその人が案内してくれ…

続きをみる

ビジネスマナーはいろんなものがあります。 名刺の出し方、お茶の入れ方などの基本的なものから、飲み会での振る舞いや、会話の持っていき方など、人によって意見が違うものもあります。 何が正解で、何が間違っているのかという視点で考えると、混乱してしまうこともあります。…

続きをみる

仕事をしている中でどうしても部下を叱った方が良い、注意した方が良い瞬間があるのではないでしょうか? 部下を持つようになると、どうしてもそういう瞬間は少なからずあるのではないか?と思います。 しかし、他人を叱ることに慣れている人とそうじゃない人がいます。 そして…

続きをみる

先日、行列が出できるほどおいしい人気店の飲食店に行ってきました。 お昼の時間帯よりは早くに行ったほうが並ぶ時間も少ないだろうと思い、11時くらいに行ったところすでに長い行できており、驚きました。 長い行列に戸惑っていたところにすぐさまスタッフの方が声をかけてく…

続きをみる

近年、アジア諸国の人たちと一緒に仕事をすることが増えてきました。 みなさんのまわりにも、アジア諸国の人たちが多くいることでしょう。 さて、ビジネスで大切なのが時間管理ですが、多国籍国家となった日本では、その点についてどうアプローチしていくべきでしょうか。 人に…

続きをみる

突然ですが、みなさんは横文字についてどのような印象を持っているでしょうか。正直なところ、私は苦手です。 テレビを見ていても、時折コメンテーターが横文字を使って言葉を話すことがありますが、私には何を言っているのか全くわからないことが多々あります。 例えば、次の言…

続きをみる

バラエティ番組を見ていて思った事なのですが 私の考えなので間違っているかもしれませんが お話させていただきます。 ある企画で都市伝説を検証するといった内容の番組でした。 テーマは 「マクドナルドでは雨の日はフィレオフィッシュがよく売れる」 というものです。 み…

続きをみる

「そこの山があるからだ」という言葉を知らない人はいないでしょう。 これはイギリスの登山家・ジョージ・マロニーが、新聞のインタビューで発した言葉です。 この言葉の一般的な理解は、「なぜ、あなたは山に登るのか?」という問いに、「そこに山があるからだ」という哲学的な…

続きをみる

世の中は人手不足が続き、各企業とも働きやすい環境作りが進められています。早々に10連休を導入したり、有給休暇完全取得制度導入、ノー残業体制の確立など、できる企業は行動を起こしています。 そんな中、サービス業は休むと売り上げが落ちる、我が社は年中無休だから無理、…

続きをみる

猫と一緒の生活をしていると、さまざまな気付きが得られます。 例えば、人間と一緒に生活をしていると、夜行性のはずの猫が昼行性になって、夜は同じ布団でともに眠るようになったり、 猫に話しかけてみると、人間の言葉を理解しているかのように鳴き声を上げてみたり、何か要求…

続きをみる

無意識に使っている言葉ですが、使い方によりあなたの未来が変わってきます。 いつも前向き、積極的で人を明るくするような言葉を使っていればおのずと明るくよい事が起こり、逆に消極的、不平不満などを言っていれば、暗く悪い事ばかりが起こるといわれます。 例えば、「ありが…

続きをみる

ビジネスにおけるメールの利用と電話の利用について、どの様なメリットの違いがあるか皆さんご存じでしょうか。 簡単なのは、メールです。 メールであれば、送るだけ、多少文案を考える必要はありますが、緊張せずにボタン一つでコミュニケーションがとれる便利なツールです。 …

続きをみる