2月というと入試のシーズンであり、この時期は私立大学の入試時期のピークです。
そして、大学を受験する人などは地方から東京に出てきて、1人で孤独に受験と戦うというシーンも毎年恒例です。
地方から出てきて大学受験をするときには、ホテルなどに宿泊するということがよくあります。

しかし、そのためのホテルというのは、この直前になって予約をしたのでは間に合わないということが多いです。
人気の大学となると、その周辺に存在するホテルは埋まりやすいですから、早めに予約をしていくべきと言えます。
つまり、早すぎるくらいの準備をするのがちょうどいいという状況なのです。

人によっては夏くらいからホテルの予約を考えているケースもありますし、受験を万全の態勢で迎えるにはまずは宿泊施設の確保からということなのでしょう。
したがって、入試シーズンとは無縁の時期からホテルの争奪戦が始まっているということになるのです。

しかし、現実的に直前になればなるほど特定の大学の周辺のホテルが埋まりやすいため、こういう戦略は合理的と言えます。
そして、早めに準備をすべきという知識というか、考えが頭に浮かんでいるからこそそういう行動をとることができるのです。

仕事においても万全な準備は重要で、早すぎるくらいの準備が功を奏することもあると思います。
私は仕事に取り掛かるにあたって、常に早く準備をしてより万全な体制を整えることを頭に入れて、それを意識したいと思っているのです。