10月に入りました。秋は学校や地域の行事が多くなる季節ですね。
みなさんは忙しくされているのではないでしょうか。
ところで、「ハロウィン」って聞いたことがありますよね。
もう日本でもおなじみのイベントになってきています。

今日はハロウィンについて少しお話したいと思います。

アメリカには11月1日に「万聖節」というのがあり、キリスト教のすべての聖人を祝う祭日です。
その万聖節の前日、10月31日がハロウィンです。

子供たちが魔女やお化けに変装して、近所の家を回り「トリックアンドトリート」と言うと、その家からお菓子がもらえるという習慣があります。
このトリックアンドトリートとは、「御馳走してくれないとイタズラするよ」という意味があるようです。

少し堅いお話になりますが、ハロウィンは古代ケルト民族の先祖の霊を迎える儀式が源とされています。
古代ケルト暦の10月31日は大みそかにあたり、先祖の霊が帰ってくる日と言われています。

ハロウィンのシンボルでもあるカボチャのくりぬきですが、これを提灯として使用し、先祖の霊が迷わず帰るための目印の意味がありました。
日本でもハロウィンの時期が近づくと、デパートやスーパーにかぼちゃのくりぬきをモチーフにしたおもちゃやお菓子が店頭に並んでいます。日本国内がカボチャ色に染まりますね。

毎年、メディアでハロウィンを楽しむ若者たちの映像が流されます。
この中で、友達とパーティーされる方もいるかもしれません。
イベントで楽しむことは大いに結構と思いますが、節度を持ってみなさんで楽しみましょう。

イベントに参加して気分転換を図り、仕事で活躍しましょう。