18月31日はハロウィンです。元のハロウィンの意味も知らずに若者たちは繁華街にコスプレをして街に溢れだしています。
いつからこんなハロウィンというお祭りというよりは暴動が起こるような怖いイベントになってしまったのでしょうか?
一夜あけた繁華街にはゴミの散乱しています。最近ではボランティアさんがゴミ清掃活動するところもあるとききました。なかにはコスプレしながらゴミ清掃活動をしている方もいるそうです。
コスプレで化け物になっていますが本当の化け物は集団心理なのかもしれません。暴動を起こそうとしているのはごくわずかな人たちがお酒の勢いなどをかりて騒ぎ始めるそんな人たちにどんどん集団になっていくのではないのでしょうか?みんながやってるから自分もいいなんてそんなわけはありません。まわりは騒いで迷惑をかけているのなら、自分は冷静にハロウィンを楽しんだらいいのではないのでしょうか?
それはハロウィンだけでなくみんなが右を向いているから右を見るのではなくて、もしかしたら左を見たら全く違う世界が広がっているかもしれません。
集団になりだがるのは日本人の良いとこでもあり悪いところでもあるように感じます。集団を乱せば悪者になります。そんな世の中で本当に良いのでしょうか?自分自身の思いや意見を持つそれを時より
ぶつけ合ってみることで人と人たちの繋がりもできて成長していくのだと思います。集団のなかのひとりにならないで、独自の一人でいたいものです。