私は、「和を以て貴しとなす」ということわざが好きで、人生において非常に大切だと実感しています。

私は一度、転職をしているのですが、これから、転職前の会社と、今のこの会社の違いを交えてお話します。

前の職場では、私はプログラマーの補佐をしたり、シフト制で共同作業をしてきました。
それぞれ、持ち場が異なりますが、メンバー内の連携が必要な部署でした。

私がいろいろと改善に向けて提案をしてきたのですが、周囲からはきちんと話を聞いてもらえず、それどころか、私と連携をとることが困難になってしまい、メンバーと私に溝ができてしまいました。
そのため、私の仕事でミスが連発してしまい、思うように力を出せなくなってしまいました。

相談するにも頼れる相手がいないため、つらい思いをしてきました。

これがきっかけで、私は転職を決意したのです。

今、私はこの会社でお仕事をさせていただいており、メンバーの方々は、お互いに意見を出し合い、正しいか間違っているかは別として、一緒に考えて行動をともにする仲間に恵まれています。

ミスをすると怒られることはありますが、周りの方々に助けられたり、私が協力したいという気持ちになれたりして、毎日の仕事が充実していると実感しています。

このチームワークこそが大切で、常に成長していこう、という意欲が高まってきています。

また、仕事が終わってから、メンバーと一緒に飲みに行ったり、雑談をしたりする時間も貴重だと実感しました。

これからも、「和を以て貴しとなす」ということわざのごとく、精進していきたいです。