小・中学校に通っていたときは、9月1日に避難訓練を経験された方も多いと思います。

毎年、メディアでも取り上げられますが、9月1日は「防災の日」です。
ちょうどこの日、関東大震災が発生し甚大な被害を受けました。また、発生年は違いますが同じ9月に「伊勢湾台風」が発生し、これも最大級の被害を受けました。

防災の日の創設の目的は、1人1人が台風や津波、地震などについて認識を深め、これに対処する心構えを準備するといことだそうです。
被害を最小限に食い止めるために何を行えばよいのか、それぞれ考えようという日と捉えても良いと思います。

9月1日を含む1週間を防災週間と呼んでおり、全国で防災に関する行事が行われていますので、地元で参加された方もみえると思います。

さて、私たちが今できることを考えてみましょう。自宅で倒れてきそうなものがあれば、災害対策グッズを使って倒れ防止を図るのも良いと思います。
家族が離ればなれになってしまったときの集合場所や、居住地の避難場所はどこか確認する、緊急時に持ち出す食料品を確認して、賞味期限切れがないかチェックしても良いと思います。

ここは職場です。
地震や火事が発生したとき、最初に何をしてどういう経路で避難しますか。避難訓練時に確認する人もいれば、頭の中に入っている方もみえるかもしれません。
この中には、避難時の誘導や救護の担当の方もみえるかもしれません。

災害が起きてから確認していては遅いです。私も含め、皆さんの大切な命を守るためにも、避難経路の確認、役割など事前に確認してください。

家族の方と防災について話し合い、認識を高めることも有効な活動と思いますので、ぜひ実践してください。