9月といえば何を思い出しますか。恐らく皆さんが楽しみにしているであろう祝日、秋分の日もありますね。

しかし、多くの人が知らない大切な行事があります。9月9日、重陽です。

実は9月9日は1月7日、3月3日、5月5日、7月7日と、皆さんがよく知っている節句のうちの1つなのです。これら5つをまとめて五節句といいます。ご存じでしたか。

9月9日はおめでたい日なのですが、おめでたい日とされる前は忌み嫌われている日でした。古来から奇数月はあまり良くない月とされていて、その中で最大に良くない奇数である9が揃ってしまう9月9日は負担が最も大きい節句とされていたからです。

そんな不吉な月と不吉な日が揃うこの日、なぜか不吉揃いで逆におめでたい日なのでは?ということで、9月9日は一変、おめでたい日と認定されることとなりました。不思議ですよね。マイナス×マイナスはプラスになるといったような考えなのでしょうか。

おめでたい日が増えるのは素晴らしいし、このポジティブさを私も参考にしたいくらいです。

では、1月7日は七草を食べる、3月3日は豆を撒く、のように9月9日は何をするのかというと、旧暦のこの時期に咲く菊の花を飾ったり、菊の花びらをお酒に浮かべて飲んだりする日です。これは地域差があるのかもしれませんが、私の実家では菊の葉を天ぷらにして食べることもあります。

意外と美味しいですよ。皆さんも無農薬の菊や食用の菊があればぜひ試してみてください。

現在は他の節句と比べてあまり行われていない重陽ですが、今年はぜひ風物詩として楽しんでみてはいかがでしょうか。