暑い夏がやってきました。高校野球一番の盛り上がりをみせる甲子園の時期です。球児はこの日のために高校生活を送ってきたと言っても過言ではありません。
もちろん勝負なので勝者と敗者が決まるわけですが、私はその過程が一番大事だと思っています。

勝ってうれしい、負けて悔しい。その気持ちはわかります。しかし、その過程で得たものはその人個人の財産になり今後の人生に役に立つのです。
上級生や周りの人に対しての言葉使い、気配り思いやり、チームワーク。そして最後にはお世話になった方への感謝の気持ち。

これらが知らず知らず身に付いているはずです。これだけでも野球をやっていてよかったと思えるのではないでしょうか。
それは野球に限りませんがこの甲子園へ出場したチームの背景が垣間見えるとそう思わずにはいられません。

私たちも、今一生懸命仕事に励んでいます。その仕事一つ一つこなしていけば必ず自分の糧となり身となるのです。
それが今は身をもって感じられないこともあるかもしれません。それでも続けていけばいつかは役に立つ日が来ると思っています。

仕事に終わりはありませんが、自分が最後にこの仕事を続けていてよかった。身になったものがたくさんあったと思えるように常日頃から
できる限りの行動をしたいと思います。

そして、最後は高校野球のように清々しい気持ちを味わえたらと考えています。
しかし、無理は禁物です。暑い夏、高校生より体力はありません。熱中症には十分気をつけましょう。