日本では「お中元」という文化があり、夏になると日ごろお世話になっている人たちへの感謝の意を込めて贈り物をする風習があります。
地域によってお中元の時期はやや異なりますが、7月頃からというところが多いです。

そして、このお中元で贈るものに関しては、定番のようなものが存在しています。
お中元で喜ばれるもの、または贈ることが多いものに関しては、ランキングのようなものが存在しており、そういったものを参考にして贈る人も多いのではないか?と思います。
結果的にある程度同じようなものが全国で、お中元として届けられることになるのです。

お中元では冷たい飲み物としてジュース類、あとはフルーツなどが多いとされています。
そういったものが人気となっているので、実際に受け取る側としてもそういったものが贈られてくると想定したり、そういったものが贈られてくると非常に嬉しいのではないでしょうか?

つまり、通常想定されるようなものがもらえたり、定番となっている品がもらえたりするということは、お中元において最も望ましい結果を生むということが言えると思います。
人を喜ばせることは意外と難しいことではなく、そういったシンプルな考え方が非常に重要なのではないか?と思えてきます。
特別なことをしなくても、当たり前とされていることをするだけで良いというのは、私の生き方のヒントになっており、定番とされていること、多くが予想できることによって人を喜ばせるということを、私は仕事でもそれ以外でも考えていきたいと思っています。