私が尊敬する人は父です。

ありきたりな質問に「尊敬する人は誰ですか」という質問があると思います。
そしてこのありきたりな質問の回答に「父です。」という回答もあると思います。

私は今までこの質問と回答になんとなく不信感を持っていました。
特に理由はないけど、父という回答は一般的だし、父と答えたところで周りから変な目で見られることもない、
一番楽な答えだと思います。
昔はこの質問に理由もなく父と答えた記憶があります。

ですが今は自信をもって、父と答えることができるのです。

その理由を今日は皆さんに知ってもらおうと思います。

私が父を尊敬している理由は家族を大事にすることです。

この家族を大事にするって意外と難しいと思います。
仕事をしていれば、無理なご飯の誘い、残業、様々な理由で自分の時間でさえつくることが難しいです。
今の私は結婚をしていませんが、休日は何もする気が起きず、ごろごろして過ごしています。

しかし父は、きちんと家族のための時間をつくってくれていたのです。
休日はだらだら過ごして時間を過ごすのではなく、子供や母の好きなことを一緒にしてくれていました。
何か悩み事があればそれを聞いてくれ、アドバイスもくれます。
夜もきちんと帰ってきて、次の日に影響がでるような姿は今まで見たことがありません。

私は社会人になるまでとくに大事にされていると考えたことなどありませんでした。
今私は社会人になり一人暮らしを始め、自分のための時間のなさや、心の余裕のなさを感じ、
両親のことなど正直考える時間もありません。

今は、父の家族を大切にする心の余裕と、家族を大切にするところに尊敬します。