まだ食べられるのに廃棄される食品は、年間約640万トンに上ると言われています。
これを国民一人当たりに換算すると、毎日茶碗一杯分の食品を捨てていることになるそうです。

一方で世界には飢餓に苦しむ多くの人がいて、これらの人への食糧援助量は、この半分程度です。
日本で捨てられている食べられる食品は、世界の食料援助量の2倍に達しているのです。
まったくもってものすごい量の食品ロスが発生しているのです。

最近では恵方巻の廃棄が問題視されました。
スーパーの廃棄、コンビニの廃棄と売れ残った多くの恵方巻が廃棄されました。

スーパーでは、消費期限近くの食品は値引きして売り上げに繋げ、ひいては食品ロスを少なくしていますが、コンビニではそのよう努力がなされていません。

むしろ、値引きすると本部から注意を受けるのが普通です。
食品ロスを考えず、あくまで定価販売を推し進めようとしています。
やっとその流れが変わろうとしています。

最大手コンビニで、秋から消費期限間近の食品にポイント還元という方法で、値引き販売するというのです。

弁当、おにぎり、パンなど500品目が対象の様ですが、これでやっと食品ロスが減る方向に進みそうです。
なぜ、もっと早くできなかったのか不思議です。

値段を下げるのではなく、ポイント還元というところもチョットお客の囲い込みの様な気がします。

ポイントカードを持つ持たないにかかわらず、すべてのお客に値引きしてほしいものですが、まずは一歩前進ですね。

今後も積極的に食品ロスに立ち向かってほしいものです。