仕事をしていて、何度も同じ失敗を繰り返し、ここぞという時にいつも力が発揮できないでいると、「お前、メンタル弱いな。」と言われたことがあります。

これは、力が80%の状態を80%出し切っているから、少しミスをすると、ずるずると悪い方向に傾いてしまうのだと思うのです。

心が100%の状態で、ゆとりがあれば、少々のミスにも冷静に対応できると思うのです。

そうすれば、心にゆとりを持つためにはどうすればいいのか、勉強として考えました。

それは、自分自身が楽しいと思える時間を大切にし、その時間を十分満喫することが、心にゆとりを持つ近道なのです。

趣味や家族との時間など、自分が楽しいと思えること、何でもいいと思うのですが、その様な時間を見つけて楽しむことを頑張ることが大切なのです。

休みの日にも仕事のことばかり考えて、ダラダラと過ごすと、心も病んでしまい、憂鬱になってしまいます。

仕事と休みのメリハリをしっかりとつけ、さらに、休みを頑張ることができれば、自ずと心にもゆとりがうまれ、自然とリラックスした状態で、仕事に向かえる
と思うのです。

ですから、もともとメンタルが弱い人なんていないと思うのです。

どれだけ、これまでの人生で成功した道をたどってきた人でも、生活が不安定で忙しい毎日を過ごし、心が追い込まれていれば、
必ずここぞという時に、失敗してしまうのです。

仕事で自分の力を自然な状態で発揮するためにも、休みを有意義に、充実した休みにできるように常に楽しむことを考えることが必要であると思います。