最近高齢者による事故が度々ニュースになっています。
私の身の回りでは特に事故はないのですがニュースを見ればいつも高齢者のだれかが事故を起こしたニュースがやっています。
高齢者による事故が増加して、高齢者による免許の返還が推奨されています。
ただ高齢者による事故が増えたからと言って最近の高齢者が前の高齢者よりも運転が下手になったとか、世論でたたきすぎるほどのことではないと思っています。
少子高齢化によって高齢者が増えていますから高齢者の事故が増えるのは当然のことなのです。

まだ大丈夫と思って運転する方が多いと思います。
自分の変化を劣化を認めたい人はいませんから。
ただやはりこういったことは家族の方が支援して上げなければ免許を返還しようとはならないともいます。
やはり日常生活を送るうえである都内では大違いなので、なくても大丈夫だということを教えてあげなければいけないと思います。

最近では高齢者は無料のバスなどが東京などの都心部においては運行しています。
これも返還後に高齢者が安心して交通網を利用できるための配慮です。

ただこれはまだ都心部にしか適用されていません。
電車やバスがほぼ通らない田舎においてそういった制度はまだ浸透しておらず、浸透してもやはり本数は少ないですからかなり不便になってしまいます。
そういった方へどういうアクションで返還後の安心を届けられるかが今後の課題だと思います。

そして事故を起こすのは高齢者に限った話ではありません。
最近は高齢者に免許返還してもらいたいとのことから高齢者の事故を多く取り扱いますが、若者も事故は起こします。

免許返還をする年齢でなくても事故には気を付けて事故のない社会へと進んでいけばいいと思います。