ビジネスにおけるメールの利用と電話の利用について、どの様なメリットの違いがあるか皆さんご存じでしょうか。

簡単なのは、メールです。
メールであれば、送るだけ、多少文案を考える必要はありますが、緊張せずにボタン一つでコミュニケーションがとれる便利なツールです。

ただ、そんな使い勝手の良いメールにも欠点があります。
それは、相手の印象が伝わってこないので、相手がどの様に感じているか、反応が分からないと言うことです。
返信されてきたメールが長文であったり、丁寧だったとしても裏では煙たがられている可能性があります。

では、電話についてはどうでしょうか。
いまでも電話を応対するとき緊張すると言う方がおられるのではないでしょうか。
電話の場合は、相手とリアルタイムにコミュニケーションがとれるので、相手がどの様な気分なのか、相手がどう思っているのかなど電話のトーンで判断できます。

フェイスtoフェイスでのコミュニケーションの取り方が一番良いアプローチの方法なのですが、相手が遠方の方の場合は合いに行くのが難しいと思います。
そのため、テレビ電話や通常の電話を利用してコミュニケーションを図ることでより親密にビジネスを進めることができるのです。

最近は、SNSが流行してきており、ショートメールでのコミュニケーションも利用されてきていますが、今だからこそアナログではありますが、電話でのコミュニケーションを見直す必要があります。
ここぞと言うビジネスチャンスの際には、電話でのコミュニケーションを念頭に置いて、一度冷静になり、しっかりと話す内容を頭でイメージする、あるいは紙に一度可き出してトライしてみてください。
きっとうまくいくはずです。