みなさんは何か資格を持っていますか。

良く、資格を持っているからといって実務には直結しない、だから資格を持つのは無駄である、なんていうことをいう人がいます。

しかし、実務に直結しないからといって、資格を取得することは必ずしも無駄ではないのです。

特に、将来的に起業を考えている人については、資格を通して得た人脈が、意外なところで実を結ぶということを覚えておきましょう。

資格があると、その資格を持った人たちのコミュニティに入ることができるからです。

資格を持った人たちのコミュニティは、輪が広がり、意外なところにビジネスのチャンスが転がっていることがあります。

例えば、私の知人は行政書士の資格を持っているのですが、結果的に、その資格から派生した人脈をもちいてコンサルティング業務を行っています。

人間は健在意識と潜在意識を持っていますが、健在意識でわかっている部分というのはわずかなもので、実は自分の人生にとって大切なことは潜在意識が知っているといわれています。

私自身、好奇心や直感に従ったときのほうが、頭であれこれ考えたときよりもうまくいくという経験をしてきました。

かといって、あまり野生的直感に頼り切った生活をしていてはいけませんが、時には、自分がやってみたいと思った資格を、気のおもむくままチャレンジして取得してみるのも、面白いのではないでしょうか。

人生には無駄なことはありませんから、いろんなことに興味を持ちましょう。