最近、スマートフォンの普及によって、アプリやゲームなどをする人たちをよく見かけます。
テレビゲームをする人たちや、通信プレイでオンライン上で対戦するゲームが増えていき、直接、相手と向き合うゲームをする機会が減ったように感じられます。

しかし、そんな時代だからこそ、私はいまでも、対戦相手と直接向き合うゲームを好んでおり、楽しんでいます。

私が好きな娯楽やゲームは、オセロ、チェス、トランプなど対戦できるゲームが好きで、いまでもエキサイトして対戦を楽しんでいます。

例えば、オセロは二人の対戦ゲームですが、白と黒の石を使って、相手の石を挟んで自分の色に変えていくというシンプルなゲームであり、なおかつ奥が深いゲームです。
相手の表情を見ながら戦術を考えるのも楽しく、反対に自分が追い詰められたときも、起死回生の策はないか考えるのに真剣になれます。

次に、チェスもすごく好きですが、こちらは白と黒それぞれ6種類の駒を駆使しながら、相手の王を追い詰めるという頭脳戦が繰り広げられます。
チェスのセットによっては、駒のデザインもおしゃれなインテリアにもなり、駒ひとつひとつに触れて戦うのもすごく好きです。

トランプを使ったゲームは、シンプルなものから難解なものまで多種多様で、こちらもオセロやチェスと同様に、心理戦などを楽しめてます。

これらのように、デジタルゲームでは味わえない臨場感を体験できるアナログゲームは、相手を目の前にして自分が戦うというスリリングな展開が魅力です。
また、これらのゲームを通じて、人と人のコミュニケーションを深めることができるので、これからも続けていきたいです。