最近読んだ書籍の中で印象に残る言葉があったので紹介します。
その言葉は「なぜお金を稼ぐかといえば、お金を使って自分の人格を高め、よりよい人生を送るためでは?」です。

この言葉を受けて、日々の生活の中で私自身がどれだけ成長のための努力や時間、お金の使い方をしているのだろうかと考えさせられました。

ここ数年、頂いた大事な給与は自分と家族が生活していくためというのが私の考えでした。
その考えの中に少しでも自分自身の成長のためにお金を使うという意識があったかと振り返るとあまりそうでなかったように思います。

私自身が社会人としての考えや行動、技術力的にもまだまだ未熟であるにも関わらず、休みの日に30分でも1時間でも自分自身の成長のために読書や勉強を今現在しているのかと考えさせられました。

この厳しい世の中でなんの努力も無しにこの先何十年とある社会人生活をこのままの状態で過ごしていけるのかと自分自身に疑問を感じました。
この先も一社会人として生き残っていくため、自分自身の甘い考えを無くし、自分を高めるための行動である学習をしなければいけないと焦りも覚えました。

これまでは空いた時間があると何の生産性もないスマホゲームを行なっていましたが早速削除し、これまでそれらに使っていた時間を読書する時間に変えようと決意しました。

仕事と家庭がある中で自由な時間が無いと自分の中で言い訳をするのではなく、自分の成長のために時間を作っていかなければならないと感じました。