私はフットサルが趣味です。
なぜフットサルにはまったかというと小学生の頃にサッカーをしていたからです。
大人になるまでサッカーから離れていたのですが、やはり運動不足になってきます。

仕事柄座って仕事することも多く、あまりたって運動するばかりではないですから運動不足のためかお腹周りが気になっていました。
その時に友人にフットサルの集まりに誘われたのです。

月に二回フットサルの集まりがあり、グラウンドを一定時間貸しきってフットサルを楽しむことができることになっていました。
メンバーは経験者や初心者と問わずいて、カジュアルに参加できる集まりになっています。

私もサッカー経験者ではあるものの、フットサルの経験はなかったためあまりがちがちの集まりだとついていけないかもしれないと思っていたので、幸運だったと思います。
フットサルをやっていてよかったと思うのは、常に運動している実感を味わえるところです。
サッカーも同様ですが、野球と違い常に動き回るものですから短時間でもかなり疲れます。
疲れを感じることができるというのは、きちんと運動ができていると実感することができうれしくなってきました。

うれしいという思いがあるとより一層フットサルにのめりこむようになりますから、どんどん体も引き締まってきました。
やはりやったことがあるスポーツと似ているスポーツはとっかかりがあり、最初に躓くことがないので長くできているのだと思います。

誘ってくれた友人に感謝しつつこれからもフットサルを楽しみたいと思います。