皆さんスポーツをしたり、テレビ現地問わず感染するのは好きでしょうか、私は好きです。
やはり見ていて熱くなれますし、スポーツを見てると心が躍るものです。

どんなスポーツを見ていても世代交代というのはあると思います。
全盛期を築いた選手を若手が追い越していく、それはプロの世界でもアマチュアの世界でも同じことがいえると思います。

ですが今は少子高齢化の時代です、このまま進むと若手に抜かれるということがあまりなくなってしまうかもしれません。
その時スポーツはどうなっていくのかと思ったのです。

子供の主な習い事にサッカーや野球があると思います。
小学校のうちに主にこのクラブが人気だと思います。

ですがサッカーは11人、野球は9人がレギュラーのみで必要なスポーツです。
控え選手もいないとけが人が出た時困るので必要になっていますが、今後それだけの人数を確保できるのでしょうか。

例えば卓球やテニスなどの1対1のスポーツでしたら2人いれば練習もできますし、試合だけなら一人で出ることができます。
ただサッカーや野球を同数できちんと試合形式でしようと思った場合、サッカーは22人、野球は18人となります。

少子高齢化の時代の中でこれが今後どんどんできにくくなるのではないかと思っています。

その反面年配の方に人気のスポーツはどんどん人気になると思います。
内容でいえばゲートボールなどのスポーツがさらに熱を帯びると思います。
他にも体への負荷が少なく、瞬発力があまり必要にならないスポーツというのは今後どんどん幅を利かせていくことになると思います。
将来ゲートボールがテレビで毎日のようにやる世界があるかもしれないと思うと面白いと思います。