先日、テレビを見ていると、海外からやって来た外国の方にアンケートをして、何故日本にやって来たかをインタビューしている番組が放送されていたしました。

ちょうどインタビューを受けていた外国の方は、日本語がかなり流ちょうで、日本に滞在して5年目になるということでした。

何故日本にやって来たかと言う質問には、「三味線をやりたいと思って、自分の三味線に興味を持つきっかけになった師匠のところに弟子入りしている」と言うことでした。

さらに、三味線が上手になって、最終的にはどうなりたいかという質問には、「三味線が上手くなりたい。自分の三味線は、分かる人が聞いたら、まだまだ音が汚い。」と言っていました。

三味線を弾いている映像を見ましたが、私にはとても上手に聞こえましたし、だいぶ弾けていると思ったのですが、本人としてはまだまだだと言うことです。

私は、何か物事を行うときに、取りあえず始めてみようとやってみるのですが、テレビで取材されていた外国の方のように明確に目標を持って行動すると言うことがそれほどありません。

なので、外国の方がしっかりとした目標を持ち、さらに、それをヒトに伝えられるというのは素晴らしいことだなと思いました。

目標を持ち、それに向かって進むための行動を考え、一生懸命、前に進んでいる姿はとても素晴らしくて、尊敬しました。

何かをするときには、上手くいかない言い訳を探してしまったり、ぐちをこぼしてしまうこともありますが、そういうことを考えず、目標達成に向けて進む力は大切だなと思いました。