皆さん、普段相手を褒めたり、もしくは自分が褒められるというシチュエーションはありますか。

社会人になって仕事を始めてみると、周りからそんなこともできないの、当たり前のことがなぜできないのと言われることが多くなりました。その為業務をこなしても特に褒められることはありません。

しかし、中には当たり前のことが難しく、元気な挨拶、お礼、謝罪等ができない人もいます。それは、本人にとっても周りにとっても仕事がしにくいです。なんだか話しかけにくい、やる気があるのか分からないと捉えられがちです。
心当たりがある人、または近くにそういう方いたら、まずは褒めてみて下さい。どんなに些細な事でもかまいません。

例えば、大きな声で挨拶出来たら「元気が良くていいね」。仕事で失敗したことに対し報告や謝罪ができたら、「よく失敗したことを伝えてくれたね、ありがとう」。そうすると本人はできた、こういう風に対応していけばいいのかと学習し、次に生かせることができます。褒められて嬉しくない人はそんなにいないです。マズローの欲求5段解説に承認欲求がありますが、これはプライベートだけでなく仕事でも同じだと思います。

実は私も最初は何も出来ませんでした。要領が悪く、器用でもない為仕事が全然進みませんでした。出来ない自分に対して当然仕事面で褒められることがありませんでしたが、性格面で褒められることがありました。仕事が本当に出来なかったので、ひたすら先輩や上司に質問していたら、やる気があっていいね、素直にわからないことが聞けるっていいことだよと言ってくれました。ちゃんと見ていてくれる人がいるということと、この言葉が自分にとってとても嬉しく、もっと頑張ろうと向上心が芽生えました。

その為特に仕事が出来るというわけではないですが、仕事や社員に対し素直に向き合っていた結果、任される仕事も増え充実しています。まずは相手の良いところを見つけ、声に出して褒めてみて下さい。