実家に帰省した時のことです。

久しぶりに私の部屋をのぞいたところ、非常にものが散乱していたので断捨離を行いました。

すると、なぜこのようなものにお金を出してしまったのか疑問を抱いてしまう物が大量にありました。

当然、それらは処分しました。今後は何をするにも、もう少し考えてからお金を出そうと思います。

こうして考えてみますと、世の中何のためにお金を出しているのかよく分からないものが多くあります。

税金なんてものがその最たるものだと思います。

私にとって、もっとも身近な存在である税金は、自動車税です。

その種類を見ても、自動車重量税だの、燃料税だのわけのわからない税金がかかっています。

その金額もバカにできません。何のために支払っているのか分かりません。

もっともそれは私自身の不勉強からくるものではありますが、その点はどうかつっこみを入れないでください。

とにかく、この場では私が日々お金を出しているものがどのようなものなのか知ろうとするきっかけができたということを言いたいのです。

普段から何気なく使用しているものでも、それがどんな仕組みでお金が発生し、世の中に流通しているのか知ろうとすれば、より社会に対して興味を持つことができると思います。

ひいてはそれは仕事においても生かせると思います。

積極的に社会に興味を持ち、関わっていけば、もしかしたら思わぬビジネスチャンスに遭遇するかもしれません。

お金について勉強するきっかけができ、帰省してよかったと思える出来事でした。