株取引をしているトレーダーの多くは心理学を学んでいるといいます。
一見すると、経済などの勉強をした方が役立ちそうなイメージかもしれませんが、株取引で重要なのは、この瞬間他のトレーダーが何を考えているか?を分析することたそうです。

そういった心理分析から、他のトレーダーがどのように行動するのか?を予測し、自分の行動を決定するというのが、トレーダーの仕事なのです。
こういった心理分析に長けている人、または心理分析をしっかりとやることが勝ちにつながることを知っている人が結果を出せるのでしょう。

しかし、これはトレーダーの世界だけの話ではないと思います。
人間がどのように考え、どのように行動をするのか?の予測を立てることができれば、ビジネスのあらゆる部分で応用ができると思うのです。

特定の状況において、人々はどのように考えるのか?を分析して、その予測から製品開発やサービスにつなげるということができるはずですから。
つまり、私たちは日々ビジネスのために精進をしていかないといけませんが、そのときに特に勉強する分野としては心理学があるのではないか?と思うのです。

こういった学問を日ごろから勉強をしていくと、そこで得た知識や経験が実際に仕事に生かすことができる機会が増えると思います。
私自身も日々消費者の心理分析をしっかりとやって、何が売れるのか?何が好まれるのか?を考え、そこから会社に貢献をしていきたいと思っています。